野洲教室 | タ グ: 個別指導

親≠勉強にうるさい人

個別指導塾の学習空間、彦根・八日市教室の成田です!
 

前回の私のブログで、また長々と駄文を連ねた私ですが、
仰々しくもそのブログが前後編に渡っての2部作の展開となってしまいましたので、
今回は「後編」として、書かせて頂きます。
愚かにも私などのブログにご興味のある方は、
9月頃に書いた私のブログ「前編」を先にご覧ください笑。

イライラお母さんと能天気お父さん

 
 
さて、「子どもが親の言うことを聞くようになるためのステップ」とは、というお話でしたね。
これに必要なのは、スバリ「信頼関係」しかありません。
信頼している相手の言うことは聞きますし、そうでなければ聞かないのです。

では親を信頼していない子どもがいるのか、という話ですが、
実はけっこういるんですね。
ここでいう「信頼関係」が何を指しているのかと言うと、
子どもが「親は自分を受け入れてくれる」と確信を持っているかどうか、という点です。

思春期になると、親子のコミュニケーションは激減します。
子どもとどうコミュニケーションを取ったらいいかわからないという相談は多いです。
そうして「信頼関係」は少しずつ希薄になっていきます。

そのつらい状況で、親がなんとか絞り出す子どもへのコミュニケーションが
「勉強について」なのです。
特に父親は子どもとの会話の種が「勉強について」しかない、という場合もあります。
それ以外に何を話してよいのかわからなくなるのです。
そしてのこの「勉強について」を話題にあげることが、
そもそもコミュニケーションの希薄化に拍車をかける場合が多いのです。

親が子どもに勉強について尋ねる行為は、
会社の上司が部下に、業務の進捗を尋ねる行為と似ています。

親が子どもに勉強についてアドバイスする行為は、
会社の上司が部下に、業務上の命令をする行為と似ています。

親が子どもに勉強について叱る行為は、
会社の上司が部下に、仕事の不出来を問う行為と似ています。

会社であれば、部下は上司に従うべきとの認識を持っているでしょう。
しかし思春期の子どもは残念ながら「親に従うべき」とは思っていません。
親は「上」、子どもは「下」ではないんだ、と思うようになっています。
ですので、信頼関係を築く上で、勉強の話をすることはタブーになる場合が多いのです。
(子ども自身が、ものすごく勉強に前向きは場合は除きますが…)

ではどうすればよいか。
それは上下関係のない会話、つまり何気ない会話の時間をしっかり取ることが大切です。
可能であれば、子どもの興味関心に寄せた内容がより効果的です。
子どもにとってすれば、親を信頼するためにはまず親が自分を受け入れてくれているという
実感を持つことが必要になってきます。
自分の言葉や状況をちゃんと受け止めてくれて、むげに否定したりせず、
しっかりと耳を傾けてくれるという認識をもっていれば、
自然と親の言うことにも耳を傾けるようになります。

簡単には言ったものの、この「何気ない会話」が実は難しいのかもしれません。
しかし、例え会話が成立しなくても、一方的に話しかけるだけで効果はあると思います。
大切なのは、「親=勉強にだけうるさい人」にならないことです。

思春期の男子は特に、親と関わることをとても避けようとしますが(私もそうでした)、
実は親の反応や様子をとても観察しています。
上下関係ではなく、対等な立場になりたいという欲求が、反発心を生んでいるのです。
だからこそ、「大人」として会話をもちかけることで、変化する場合もあると言います。
そんな心理を知っているからこそ、お父さんは能天気になるのかもしれません。

母親という上からの視点を一度外し、
同じ年代だった頃の自分の姿や思考を思い出しつつ、
子どもと同じ目線で会話をしてみると、
「一方的に言うことを聞かせる」ではない伝え方が見えてくるかもしれません。

 
 

最後に、全然話が変わりますが、、、
今週末に、毎年恒例の学習空間校外学習会「秋のUSJバスツアー」が開催されます!
教室には例によって、くだらないポスターを掲示してみましたが、
そのおかげで(?)今年はバスがいっぱいになるくらい大勢の生徒が申し込みをしてくれました!

勉強のことはしばし忘れて、思い切りみんなで楽しんでこようと思います!(^o^)/

 

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

GW END

こんにちは。滋賀エリア八日市、守山教室の佐藤です。

あ~・・GWも今日で終わっちゃいますね。みんなはこの休みの間、たくさん遊べましたか?こういう長期の休みの時には次に備えて、身体をリフレッシュさせることも大切ですよね。
私はこれといって特に変わったことはしてないんですが、食べすぎましたかね・・。また、太りましたかね・・。多分(><)。でも、食べることもストレス発散の一つですから、良しとしましょう。
ところで、GW明けは、実力テストや中間テストが待ってます!学年はじめの中間テストといえば、点数取り放題のテストですよね。特に中1の1学期の中間テストは中学生活3年間のテストの中で唯一450以上を目指すことができるテストです。ここでしっかりととっておきましょう。明日からまた始まります!塾で中間の目標の話でもしましょう!!!

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

「話す力」よりも「聴く力」

個別指導塾の学習空間、彦根・八日市教室の成田です!
 

先日、車を車検に出すためにいくつかの施設に見積もりをもらいに行っていたときのことです。
久しぶりに「良い接客をする店員さん」に会いました。
何をもって良いと感じたかというと、「ひきつけられる」という意味での良さです。

まずハキハキとした丁寧な対応が素晴らしく、見ていて気持ちが良い。
店側の考えを押し付けることなく、こちらの意見をしっかり聞き、
内容をちゃんとくみ取りつつアドバイスや提案をしてくれる。
「親身」になってます、という雰囲気が伝わってくる。
ほどよくフランクなので、話しやすく、こちらも言われたことを受け入れやすい。
いつも笑顔。

色々と店を回って見積もりはもらったものの、
結局その店員さんの印象が強かったため、その店でお願いすることとなりました。

これぞサービス力ですね。

以前私はサービス関係の仕事に就いていたこともあり、
接客サービスのノウハウについては徹底的に叩き込まれていました。
客観的に考えても、かなりハイレベルなサービスを仕込まれていたと思います。
そのため、ある程度サービス面には厳しい目を持っているつもりではあるのですが、
そんな面倒くさい視点を持った私が、久しぶりに「素晴らしい」と感じた接客でした。

接客サービスにおいて一番重要なことは「話す力」と思われがちですが、
実はそうとも限りません。
むしろ「聴く力」のほうが、相手を満足させる上では重要です。
しっかり相手のことを聴いて知ろうとしないと、的確には話せないからです。
営業トークの上手な人は、「話し上手」ですが、同時に「話させ上手」でもあります。
しっかりニーズをくみ取って話すことで、上手に相手をひきつけることができるのです。
そんなこんなで、すっかりその店員さんにひきつけられた私でした。

ひきつけるという点では、我々塾講師が生徒と関わる上でも同じく大切な考え方です。
当然ですが、生徒をうまくひきつけられていれば学習指導の効率も上がり、
その分成績アップにもつながりやすくなります。
そのためには、生徒の言葉をしっかりと聴く力が問われるわけです。

塾講師はともすれば、子どもたちを前にして自分が偉くなったような錯覚に陥り、
慢心してしまいがちな職業かもしれません。
しかし、謙虚な姿勢や相手の目線に合わせることで得られることはとても多いのです。
各生徒のニーズにあった指導やアプローチをもっとしていけるように、
「話させ上手」「聴き上手」の腕を、より一層磨いていかないとと思います。

 
ちなみに車検の見積もりですが、勧められたオプションサービスは全て退けました。
どうやらその店員さんの素晴らしいサービスをもってしても、
私の固く閉ざされた財布のヒモを緩めることはできなかったようです。
 

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

バスツアーが待ってます

個別指導の学習空間、栗東西・野洲教室の丹羽です。

今日は10月15日。10月も半分が過ぎました。

多くの中学校・高校では中間テストが終わった頃ではないでしょうか?
2学期は長いですが、文化祭や体育祭、修学旅行などの行事が多く、またテストも多いのでとても慌ただしい時期だと思います。
塾のほうでも、9月の夏休み明けに模擬試験を実施しましたし、11月3日にも模擬試験が予定されています。こちらの模擬試験は中3の生徒には原則受験していただく「滋賀Vもし」になっています。「滋賀Vもし」は年間3回しか実施されない、公立高校入試そっくりの模擬試験です。
すでに多くの生徒から申し込みをいただいておりますが、まだ申し込みしていない生徒は是非!お申し込みください。(今回は会場受験も予定しています)

また、他のブログでも告知されている通り、11月5日には校外学習会を実施します。こちらは毎年恒例のユニバーサルスタジオジャパンへのバスツアーになります。参加の申し込み期限も延長して「ユニバに行きたい!」という方をお待ちしています!

 

 

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

夏休み突入!

個別指導の学習空間、栗東西・野洲教室の丹羽です。

先日より、各学校が夏休みに突入しました。生徒のみなさんは心待ちにしていたのではないでしょうか?
滋賀エリアの教室がある地域でも、お祭りや花火大会などのイベントが始まっています。
これから毎週のように、週末は何かしらのイベントが行われるようです。

そんな中、本日は「滋賀県吹奏楽コンクール予選」に行ってきました。
自分の担当している野洲教室には、吹奏楽部に所属している生徒が多く、これまでも各中学校・高校の定期演奏会に何度か足を運んできました。
今回、コンクールに初めて足を運んで「定期演奏会とは全然違うんだなぁ」と思いました。
定期演奏会では、演奏される曲もなじみのある曲が取り入れられて和やかな雰囲気でした。しかしコンクールは、当然と言えば当然ですが、すごい緊張感でした。
教室で勉強している時とはまた違う表情が見れるのも、こうした機会ならではです。

結局、最後の結果発表を待たずに会場を出たのですが、後ほど生徒から「金賞で県大会に出場することになった!」との報告が。
中3の生徒なので、結果次第では今日が最後だったのですが、見事県大会へ!
塾講師の立場としては、部活引退して勉強一本に集中してほしいとの思いもありますが、今は県大会に向けて部活に全力を傾けてもらってもいいかなーと思っています。ただし、部活がひと段落したら、これまで以上にビシビシいきますよ!!

実は明日も、野洲教室に通う生徒が出場するコンクールがあるのですが、夏期講習の時間帯に丸被りで観に行くことが出来ません。本当に残念ですが、教室から応援しています!

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

勉強で大事なのは量ではなくて・・・

個別指導塾の学習空間、彦根・八日市教室の成田です!
   
        
   
さて、人はどういうときに周りから「よくやった」と評価されるでしょうか。

例えば、
 「いつも平日は2時間勉強し、週末は最低でも3時間勉強している」
という人がいるとしましょう。すごいですよね、なかなかできるものではありません。

一方で、
 「平日の勉強は2日に1回くらい。やれても20分。週末はトータルで1時間やれればいいほう」
という人がいるとしましょう。
んー、ちょっと勉強不足かな。もっと頑張らないとダメかも、と感じるかもしれません。

しかしです。

前者の人は、今までは平日でも3時間はしていて、
週末は5時間は必ずしていたとしたらどうでしょうか。
後者の人は、今まで全く勉強の習慣はなく、
家でも塾でも勉強なんてしたことなかったとしたらどうでしょうか。

きっと前者の人は「以前よりサボっている」ように見え、
後者の人は「良く頑張っている」ように見えてきます。

  
  
勉強には必ず目標があり、それに付随して必要な学習量が存在します。
するとどうしても「どれだけ勉強をしたか」という量に意識が向きます。
勉強している本人も、それを見る周りの親や先生も、量に意識が向きがちです。

そして「勉強をした」ことを評価する指標も「量」になってしまいがちになります。

しかし勉強する上で一番大切なことは「量」ではありません。
「量」をこなすコンディションを作ることです。
コンディションとは、やる気や勉強方法、明確な目標や自信を持つことです。
コンディションが整わないまま「量」をこなしても、学習効果はほとんど期待できないのです。

 
 
最初に挙げた例に話を戻しましょう。
前者も後者も、勉強した時間の情報だけでは「良い」とか「ダメだ」とかの評価はできません。
その人が「どう変化しているか」に、善し悪しの評価が生まれます。
昨日よりも、先週よりも、半年前よりも、
やれていなかったことが少しでもやれるようになっていれば、
「よくやった」と自分自身に感じたり、周りは感じてあげるべきだと思います。
それが勉強する本人のやる気にも繋がっていくのではないかと思います。
その人のこれまでの状況や目標に合わせて、現状を評価することはとても大事なことです。
 
 
我々は指導中に、生徒の小さな変化や前進をちゃんと認め、
評価してあげることを心がけています。
生徒の皆さんも、どんな小さなことでもいいので、
前向きな「良い変化」を少しずつ積み上げていくことを意識してみてください。
 
 
どんな大きな成功も、最初は小さな小さな己の意識の変化から始まるのです。

  

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

成績アップに必要な最大の戦略とは

個別指導塾の学習空間、野洲・八日市教室の成田です!
   
  
     
受験が少しずつ近づいてきました。
思ったように成績が伸びず、焦りを感じている生徒も多いのではないでしょうか。
焦りを感じることはいいことです。
それは自分が目標のレベルに到達していないことを自覚している証拠であり、
己を奮い立たせる動機になるからです。

しかし焦ることで勉強のリズムが崩れてしまうのはよくありません。
「焦ってとりあえずひたすら目の前の問題を解く。」
これはあまり結果には繋がらず、かえって焦りを増幅させるだけのように思います。

例えば、マラソンのタイムを上げようとして、何も考えずひたすら走りまくるとします。
するとタイムはあがるでしょうか?
体力はつくでしょう。
でもタイムはそれほど変化しないような気がします。
練習量だけでなく、練習のやり方がスポーツでは大事です。
そしてそれは勉強でも同様のことが言えます。

今やっている勉強がテストの結果に繋がるまでには時間がかかります。
今日頑張ったからと言って、次の日の実力テストで結果が出ることはおそらくありません。
数学であれば一カ月、英語であれば三カ月くらいして、ようやく変化が出始めます。
それまで、適切なトレーニングを諦めずちゃんと続ける努力が大切です。
頑張って頑張って、すぐに結果が出なくても頑張って、
正しい勉強を続けてこれた人に、学力アップの喜びは訪れます。

思うように結果の出ない期間はつらいです。
今やっている勉強が本当に意味があるのかと不安になります。
志望校に対して厳しい話が出れば、やる気が揺らぐときもあるかもしれません。

でもそこでブレずに続けること、
これが結果を良い方向に変える最大の戦略だと思います。

結局はどんな厳しい状況であっても、
合格をつかみ取るには「やり続ける」以外の良い方法なんてないのです。
やり続ければ、必ず変化は起きます。

あとはやっている内容が闇雲にならないようにするだけ。
しっかり先生にチェックをしてもらいながら、
無駄がなく効率のよい学習を、強い気持ちで続けていきましょう。

未来はまだまだいくらでも変えることが出来ますよ。  

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

3週間前からのテスト対策

個別指導塾の学習空間、野洲・八日市教室の成田です!

中間テストのシーズンになりましたね。
そろそろゴールデンウィークの休みボケは抜けたでしょうか?

これからあっという間に中間テストが来て、
終わったと思ったら数週間でまた期末テストがやってきます。
1学期の中間テストは1年の中で一番点の取りやすいものだと思います。
まだまだ先のことと思いのんびりしている人は多いですが、
早いうちから気持ちを引き締めて、準備をしていきましょう。

まずすることは、今自分が「ヤバイ」と思っている教科や分野や範囲を自覚することです。
そこをピンポイントに早めに対策を打っておくだけでも、テスト前がかなり楽になります。
ただこれは、生徒自身が先生に申告してくれないとなかなか先生も把握できません。
テスト直前になって「実は~が全然わかってない」と言われても、
やれることには限りがあります。
やったところで、結局あまり得点に繋がらないことのほうが多いです。

テスト勉強は、1週間前、2週間前、3週間前でやるべきことが違います。
滋賀は中間テストまで残り3週間を切った学校がほとんどですね。
まずは手始めに1つ、目の前の「わからないこと」に向き合ってみましょう。
そして塾でどうしたらいいか相談してみてください。
その行動が、確実にテストでの1点に繋がりますよ。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

“解けない”は気から

個別指導塾の学習空間、野洲・八日市教室の成田です!

夏休みが終わったなぁなんて思っているうちに、いつの間にか9月もあともう少し。
受験まで半年を切りました、時間が経つのは早いものです。
もうすぐ中間テストだという人もいるかも知れませんね。

さて話は変わって、成田はあまり体調を崩したことがありません。
熱を出したりすることはたまにあるのですが、すぐには病院に行きません。(病院嫌い)
体温も絶対に測りません。測ったら体調は悪化します(と思い込んでいる)。
「俺は健康だ、なんともない、しんどいのは気のせいだ」と自己暗示をかけます。
するとたいていは1日で回復します。
“病は気から”を100%信じています。
でも良い子は絶対にマネをしないで病院に行きましょう(笑)。

気持ちというものは、身体能力に強い影響を及ぼします。
出来ると思ってやるほうが、無理かもと思ってやるよりも良い結果に繋がります。
難しい問題を見て、「無理だ」「わからない」「どうせ解けない」と思ってしまうアナタ!
それだけで解ける可能性を大幅に下げてしまっています。
つまらないミスをする危険性も高まります。なんてもったいない!!
ひとまずは、自分に解けないはずはない!!と思って問題に取り組んでみましょう。
強気で臨んだほうが、解ける可能性は必ず上がるのです。

でもそれでも解けない場合は、潔く諦めましょう。
解くため知識や経験が完全に不足していては、解けなくて当たり前。
別に落ち込む必要はありません。解ける方が変です。
塾の先生に質問して、不足した知識を教えてもらってください。
そうして学力はアップしていくのです。

私も1日で体調が回復しない場合は、病院にちゃんと行きます。
病院の先生に相談して、不足した栄養を補ってもらいます。
そうして体力はアップしていくのです。(←しない)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

人生で得するために必要なもの

個別指導塾の学習空間、野洲・八日市教室の成田です!

得をする人生を送るために必要なものとは何でしょうか。
才能?運?根性?
もちろんそれもあるのかも知れません。

ただ誰にとっても人生をプラスにしてくれるものがあります。
それは「情報」です。
多くの情報を手にしている人は得をします。

人は自分の持っている情報をも元にして、自分の行動を決めています。
情報が多いほど、選択肢や方法は増えます。
そうすることで、良い結果に繋がる可能性を高めることができます。

受験生は、そろそろ志望校を決めていく時期ですね。
模試の判定や偏差値など、色々な情報を元に志望校を考えていると思います。
ここの高校は厳しそうだから諦めよう…、どうせ自分には無理そうだし…、
そんな声もちらほらと聞こえてきます。

でもその判断は本当に確かな情報を元にしたものですか?
自分勝手な思い込みで決め込んでいませんか?
今からどうすることで、どの程度学力をあげることができるかの情報を
吟味した上での判断ですか?

自分の知っている世界なんて狭いものです。
自分の世界の外の情報にぜひ意識を向けてみてください。
先生は、皆さんが知らなくて、でもぜひ知っておいてほしい情報を
たくさん持っています。
それをどんどん吸収してみてください。

必要な情報を積極的に取り入れ、それを活用できるかどうかが、
成功する人と失敗する人の1つの大きな違いであると、私は思います。

…うーん、今回はえらく硬い内容になってしまったなぁ…。
ま、いいか…(苦笑)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間