草津市

見直しと分析

個別指導塾の学習空間、八日市・草津教室の齋藤です!

何ヶ月ぶりか自分でも忘れてしまうくらい久しぶりの更新ですね。前回の内容では大みそかのことを書いているので、時間が過ぎるのってあっという間だなと若干の恐怖を感じております、、。
さて、このブログを読んでくれている皆さんは最近模試を受けたでしょうか?今回受けらなかった人は次回必ず受験して下さいね!しばらく塾では模試を受けた人は見直しを、これからの人は模試に限らず実力テストや定期テストの分析も合わせて行っていくかと思います。
見直しと分析は成績を構築する上で非常に重要なポイントを占めているのですが、見直しは間違えていたところを赤ペンで直すだけ、分析に至ってはまったくやらないという人も多いのではないでしょうか。「だってやりかたわからんもん」という声が出てきそうなので勉強以外で私のマイブームから例をあげてみます。参考になるかどうか、、、?

私は格闘技観戦が好きで暇があったら過去の試合を見漁るのが趣味なのですが、「今の技ってどうやって使ったんだろう」とか「前回の試合ではパンチ主体の試合運びだったのに今回はキックを多用しているな・・・。対戦相手についても調べてみよう」、「右のストレートに対して全部顔を左に向けて避けるな・・・このことに気付いて試合してたんだろうか」といった点が疑問になるまで何回でも巻き戻して同じシーンを見ることがあります。私は格闘技の中でもMMA(総合格闘技)が好きで、RIZINのYoutubeチャンネルの動画を試合後に欠かさず見るのですが、そこで実際の作戦や心理を選手たちが話しているのを聞いて「お!当たってる」という雅な楽しみ方をしております(笑)。で、もう一度その情報を得た上で試合を見直すという休日を過ごすことが多いです。。。

無理やり勉強に当てはめると、普段の勉強(知識の積み重ね・過去の試合などで分析)→テスト(勝敗予想や試合運びの分析)→テスト直し(自分の分析や積み重ねた知識の再確認)といった流れになるのかなと思います。日々の繰り返しで知識を積み重ねることはできていてもなかなか結果が出ない人は、テスト直しや分析に力を入れて取り組んでみてはいかがでしょうか?我々講師は分析やテスト後のフォローを行うプロですので困ったことがあったら聞いてみてください。まずは、自分の好きなことを分析してみると良いかもしれませんね!そういった話を聞くのは個人的に大好きなのでぜひ聞かせて下さい。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

本気度

個別指導塾の学習空間、八日市・草津教室の齋藤です。

前回のブログでも触れましたが、年末格闘技のイベントを観戦してきました。
今回は少しその内容に触れてみたいと思います。

やっぱりメイウェザーは強かった!
もう、この一言に尽きますよね。
実は、当日の試合進行ですが判定決着がほとんどない&1R決着が非常に多く、20:30頃には残り3試合(生中継されていた試合)を残すのみとなっていました。
おそらく地上波との兼ね合いなのでしょうが、1時間ほど進行がストップし、まだかまだかと観客の欲求も高まってくるのがビシビシと伝わってきていました。その後、堀口選手が超カッコいい勝ち方を決め、「ついに!もしかしたら⁉」という会場の期待も高まっていただけに、、、。

思い出したら悔しさや、絶望感が混じったような変な感覚になるのでこのくらいにしておきます(笑)。

ただ、小学校の卒業文集の将来の夢に総合格闘家になりたいと書いた私にとって、大みそかの埼玉スーパーアリーナは特別なものでした。いろいろありましてその夢は断たれたわけですが、本気で目指していたら今頃あのリングに立てていたのかなと帰路の新幹線(東京6:00発の始発)の中で考えていました。

中3生にとっては運命の日がすぐそこまで迫ってきました。
受験までの残りの期間は、今皆さんが持っている夢が実現できるかどうかが大きく左右されると言っても過言ではないと思います。照れくさかったら言わなくてもいいので夢を実現するための「本気度」を見せてください。残り期間全力でサポートしますので!

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

行ってきました北海道!!

個別指導の学習空間、栗東西・野洲教室の丹羽です。

さる12月10日~12日にかけて、2泊3日の北海道旅行に行ってきました!(毎年この時期に社員旅行が実施されますが、今年度の行き先が北海道でした)

10日の早朝に滋賀エリアの先生みんなで伊丹空港へ向けて出発し新千歳空港へ。さまざまなツアーに参加しながら宿は登別温泉へ。

11日は登別温泉から、道内各地を経由して札幌へ。
今回はこの2日目の札幌での行動について少しご紹介します!
昼食はお寿司を食べ、個人的に札幌での最大のミッションであった「北海道神宮」へ参拝してきました。
道中、タクシーの運転手さんから聞いたのですが、北海道では11月~3月までの4カ月間で除雪の費用に160億円ほどの予算を計上しているそうです。その額にも驚きですが、雪たい積場にはとんでもない量の雪が運び込まれると聞き、想像できないほどのスケールに同じ日本とは思えないほどでした。滋賀にいると、道路がうっすら白くなっただけでも焦りますが、さすが北海道。道路に雪が積もっていることなんて当たり前。多少の積雪では除雪しないようです。その代わりなのか、街の至る所に「すべり止め剤(砂)」が置いてありました。(交差点近くに積もった雪に、黒い粒々が混じっていたのはこれかな?)
タクシーに乗ったまま大きな鳥居をくぐり、参道をタクシーで移動するという奇妙な体験をしながら北海道神宮へ到着。これもタクシーの運転手さんから教えていただいたのですが、北海道神宮は北海道一番のパワースポットだそうです。しっかりパワーとお守りをいただいてきました!!
夕食はラーメンを。何件かはしごするつもりでしたが、1件で満足したのではしごは無し。(前日の登別でも夜食にラーメン食べましたし)

12日は札幌から新千歳空港へ向かい帰路につきました。いろいろあって熟考できませんでしたが、教室のみんなにお菓子のお土産を買えたのでよしとしましょう。不思議なもので北海道の寒さに慣れてしまい、伊丹空港に着いて飛行機から降りた時には「暖かいな」と感じました。こうして勘違いが体調を崩す原因になるのだと思います。

長期のお休みをいただきましたが、14日の金曜から滋賀エリアの各教室は通常通り開校しております。来週の定期面談期間を経て各学校は冬休みに突入し、塾では冬期講習が始まります。お休みをいただいた分も、さらに頑張って参りますので生徒のみなさんも一緒に頑張りましょう!!

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

毎年恒例の??

個別指導の学習空間、栗東西・野洲教室の丹羽です。

本日、10月28日は大津商業高校 吹奏楽部の定期演奏会でした。
日曜開催で時間もあったので、せっかくだと思い足を運んできました。

大津商業高校吹奏楽部の定期演奏会には、なんどか足を運んでおりますが、昨年度は金曜日の開催で行けなかったので2年ぶりということになりました。
もともと、塾生に大津商業高の生徒がいたことがきっかけだったのですが、その生徒もこの春に高校を卒業したので「もうないかなー」と思っていたのですが、8月頃に定期演奏会への協賛依頼がありまして今回お邪魔させてもらった次第です。
楽器のことはよくわかりませんが、どんなことにも一生懸命に取り組んでいる姿は素晴らしいです。若いっていいですね!

来年以降も時間の許す限り足を運びたいと思っていますので、協賛依頼お待ちしています(?)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

イライラお母さんと能天気お父さん

個別指導塾の学習空間、彦根・八日市教室の成田です!
 

私には6歳と3歳の子どもがいます。
そしてこの二人はなかなかの自由奔放な暴れん坊です。
妻が毎日のように業を煮やしております。
なかなか言うことを聞かないことも多く、苦労しているときもあるようです。

ところが、私は子どもに対してそれほどイライラすることはありません。
むしろ「子どもはそんなものだ」という捉え方で接することが多いです。
そして一緒になって子どもとふざけていると、私まで妻に怒鳴られるわけですね。笑

よく言われることですが、母親と父親ではイライラしたり心配に感じるポイントにズレがあります。
母親が心配になって父親に相談しても、父親は特に問題には感じられず能天気な反応をして、
母親が余計にイライラしてしまう、なんてことはよくあることのようです。

母親「あなたも、もっと子どものことを考えてよ!」
父親「君は心配性すぎるんだよ。放っておいても大丈夫だよ。」
母親「そんなこと言って、○○○になったらどうするのよ!」
父親「だからぁ、そんなにガミガミ言うから、余計に○○○になるんだよ!」
母親「私はねぇ!あの子が心配だからこうやって÷!≠◎☆×!!!!」

という具合です。
子を思うからこその「母性本能」が子ども対してうまく作用せず、
子育てに悩まれるお母様はよくおられます。

職務的な立場上、生徒の親御さんから子どもについての相談を受けることがよくあります。
特に反抗期を迎えて、コントロールが難しくなった子を持つ親御さんからの相談は多いです。

「子どもが親の言うことを聞かない」というのは、イライラするものです。
ではなぜイライラするのでしょうか。
その理由は、「子どもは親の言うことを聞くものだ」という前提を親が持っているからです。
その結果、「思い通りにならない」のでイライラしてしまうわけです。

ではどうすればイライラしないのでしょうか。
簡単なことです。「子どもがこちらの言うことを素直に聞くわけがない」と思えばいいのです。

無茶苦茶な話をしているように聞こえるかもしれませんが、実は大事なことです。
なぜなら反発することは自我の健全な発達であり、思春期としてのあるべき姿だからです。
ですので、親が「そういうものだ」と捉えることは、別に間違っているわけではないのです。

親は子どもに対して、程度の違いはあれど「上下関係」の意識を持つことが一般的でしょう。
それは「守る立場、教育する立場」として親が自然と持つものであり、
例え子どもが成長して大きくなろうが、おそらく変わることはありません。
いくつになろうが子どもは子ども。自分の言うことを聞いてほしいと思うものです。
しかし子どもは思春期を境に、親に対して上下関係の状態を拒み、反発し始めます。
子どもの内面が変化しているにも関わらず、親のスタンスは変化しないので、、
当然かみ合わず、「うまくいかない状況」が生まれるわけですね。

ですので、「こちらの言うことを素直に聞くわけがない」と構えることは、
子どもとのコミュニケーションにおいての「次のステップ」に進む上で重要です。

では「次のステップ」とは何か。
それはもちろん、いかに子どもが親の言うことを聞くようになるか、というステップですね。
どうすれば思春期の子どもは親の言うことを聞くようになるのでしょうか。

…を書こうかと思いましたが、長くなったので次回の私のブログで書きます!
忘れなければ!笑笑

 

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

2学期を迎えて

個別指導の学習空間、栗東西・野洲教室の丹羽です。

今年の夏は猛暑を通り越して 「酷暑」 でしたね。暑い日が続いていたのに、最近は随分涼しくなりました。
そんな中、いよいよ2学期が始まりましたね。滋賀県内では9月からスタートの学校もあれば、8月中に始業式のあった学校もあります。

新しい学期を迎えるという事で、教室内・外のマイナーチェンジを行いました!!
といっても本当にマイナーチェンジなので、生徒もあまり気付いていないかもしれません…
具体的には、教室の外向け掲示を変更しました。「夏期講習」も無事に終了したので変更の時期でもあったのですが、先月からチョコチョコ準備して更新する事が出来ました。
外置きのパンフレットも、内容物を少し変更。この2学期に塾をお探しの方に、たくさんお持ち帰り頂けたら という祈りもこもっています!
教室内、パッと見は大きな変化は無いのですが、タブレット端末を増台しました。
これまで1台しかなかったタブレットですが3台に増えたので、生徒の皆さんには使い倒してほしいです。

今後の予定としては、定期テスト毎に掲示物の更新と11月の校外学習に関する掲示ですかね。技術があればもっと頻繁に掲示物の更新もしたいのですが、なかなか思ったようには進みません(*_*)

通ってくれている生徒の皆さんには、モチベーションが向上するような、また、自立学習を促進する環境をつくるように心がけます。
塾をお探しの方々には、学習空間がどんな塾かを知ってもらえるように、知恵を絞っていきたいと思います。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

はじめまして!

個別指導塾の学習空間、八日市・草津教室の齋藤です!

知ってる!っていう生徒もいると思いますが、初登場なので簡単に自己紹介させてもらいますね!

名前:齋藤 剛志(さいとう たけし)
父親が阪神ファンで当時ブレイクしていた新庄剛志にあやかって名づけたそうです。でも読み方は違うのでなんだかモヤモヤしてます。

出身地:滋賀県
うみのこにも乗ってますよ♪

休日の過ごし方
ジムに行ったり、パワプロしたり、ポケモンでレーティングバトルしてたり、、、

まあ、そんな感じです。
ちなみに、マイブームがころころ変わるのですぐ何かに影響されます。
「この前とキャラ違うやん・・・」みたいなことがよくあると思います(笑)

指導に関しては「耳に焼き付く、後で(自分の力で)気が付く、結果でニヤつく」ことを心がけております。自分に縁があった生徒はみんな幸せになってほしいと願っておりますので、どうぞよろしくお願いします!

次回もお楽しみに!!!
滋賀の塾なら個別指導の学習空間

夏、真っ盛り

個別指導の学習空間、栗東西・野洲教室の丹羽です。

いやいや、連日とんでもない暑さですね。
タイトルには「夏、真っ盛り」と書きましたが、まだ7月。これからどうなるのか…
もはや「暑い」というより「熱い」ですもんね。
本州各地よりも沖縄の最高気温が低くて、今後は沖縄が避暑地になるなんていう冗談みたいな話もあります。

ニュースで熱中症というワードもよく耳にします。学校行事の最中に具合が悪くなるなんてことも頻発しているようです。
僕が中学生だった頃は、まだ科学的なトレーニングなどは浸透しておらず(多分)、根性論全盛期だったように思います。
どんなに暑くても水は飲まない、多少の怪我でも我慢する なんて言うのは今考えたら恐ろしい事です。
毎年夏は暑いのですが、今年は特に異常な暑さだということを認識し、無理に我慢したりせずに体調には十分気をつけてください。

さてさて、週明け25日の水曜日からは夏期講習が始まります。各学年、1学期までの復習はもちろん、受験生の皆さんにとっては「勝負の夏」になります。
この夏新しく開校する「草津教室」を含め滋賀エリアの7教室で実施される夏期講習、我々講師も全力で取り組みますので、生徒の皆さんも一緒に頑張っていきましょう!!
ちなみに夏期講習は13:30~なのでお間違いなく。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間