個別指導塾

模試と休日

個別指導塾の学習空間、守山・近江八幡教室担当の寺澤です!

昼夜の寒暖差が激しく、体調管理に気をつけたい今日この頃です。

さて、本日11/8は第3回滋賀V模試を開催いたしました!
回を追うにつれて、受験生たちの顔つきが真剣になっていくのを
感慨深い気持ちで眺めつつ、皆全力を尽くしてくれたことを嬉しく思います。

とはいえ、判定に一喜一憂するのではなく、反省と復習をガッツリしてもらわなきゃ…
なので一緒に頑張りましょう!!

また、今日は日曜ということで、久々にかつての教え子と相棒に会ってきました!
先日教員試験に合格したという嬉しい連絡があり、立派に育った我が子(!?)を
感慨深い気持ちで眺めつつ、健闘をたたえました。

当時の僕と相棒は、塾内で一、二を争うクソ厳しい講師でした。
高3の夏、飛び込みで体験にきた彼女。しかも、国立大学志望。

「〇〇となら受からせられます」(個人情報保護のため〇〇表記)
「ゆうきさんとならやらせてください」(I am ゆうきさん)

とお互いのいない所で啖呵を切った僕たちは、半年も無い期間で
鬼の猛特訓を開始し、彼女は見事合格を掴み取りました。

あれから、4年。

立派に育った我が子(!?)を感慨深い気持ちで眺めつつ(しつこい)、
「あの頃はマジで毎日がしんどかった怒」と怒られてしまいました。
でも、「あれがなかったら今の私はいなかったし、感謝してます」と
恥ずかしそうに言う彼女を見て、親(!?)たち、ジーンときました(笑)

あの頃に比べ、僕は丸くなった(む?)気もしますが、相棒は相変わらず
正直な物言いをしていてなんだかホッとしました。

…えーっと、その、、今の時代、根性論的な話は敬遠されることと思いますが、

苦労することなく掴み取った未来は、立ちはだかる壁を乗り越えることはできないでしょう。
運よく乗り切った壁は、さらに大きくなってまた眼前に立ちはだかるでしょう。

人それぞれの道があるので、無理強いをするつもりは全くありませんが、
僕は、見える限りの可能性を信じて、生徒たちに接していきたいです。

そうするからには、これからもっともっと、教育者としての腕を磨かなければなりません。
責任を持って。当然ですが。

本当の意味で、皆さんのパワーを最大限に、もっというと限界を超えるぐらいの
教育ができる人間になりたいです。教育って言葉はいやですが…。

…気づいたら、自分語りを始めていました(かなりイタイやつ笑)

受験生の皆さんは、そろそろ”入試”というものの実感が
リアルになってきているのではないでしょうか?

どうか、本気で、取り組んでほしいです。

結果が怖いかもしれません。
努力してもかなわなかったら…と考えてしまうかもしれません。

でも、せっかくだから、必死こいてみませんか?

案外楽しいですよ?

ではまた。
(ブログなので何卒お許しを 土下座)

夢を叶える

個別指導塾の学習空間、守山・近江八幡教室担当の寺澤です!

例年よりも早い涼しい季節の到来に、
喜びを感じている今日この頃です。(幸せ)

さて、今日は塾がお休みということで、小学校1年生からの友人とご飯を食べてきました!
今回は彼の話について簡単に書かせていただこうと思います。

彼は昔から「パティシエになる!」という夢があり、現在はその夢を叶えています。
お店は私の地元である静岡県にあり、ほかの友人からの評判も良く私の両親も行きつけです(笑)

子どもの頃は、「男なのにあまいもんつくるのかよ笑」などと周りの偏見もあったようですが、
私はよく手作りケーキなどを食べさせてもらっていたので、「大人になっても食わせてくれよ笑」
とのんきに言っていたことを覚えています。

ささいなことですが、本人にとってはそれが嬉しかったようで、僕のような友人や親御さんからの
励ましの言葉があったからなるまで続けられたと言ってくれました。(ちょっと照れました)

もちろん、なってからの苦労話もたくさん聞かせてくれまして、
特にクリスマスやバレンタインデーの時期は修羅場だそうです。
あのケ〇タッキーのCMが流れ始めると、うつになりかけるとも言っていました笑。

それでもやはり、自分たちが作ったものをお客さんが嬉しそうに持ち帰るのを見ると、
無限にやる気がでるそうです!

ただの日記のようにもなってしまいましたが、他のお仕事でも同じようなことが言えるんだろうな
、と思います。(あたりまえですかね)

私自身、生徒に対しては、「そのときなりたいものになりなさい」というスタンスなので、
こちらから○○が向いてるね!という話はほとんどしたことがありません。(0ではないですが汗)

ただ、どんなに小さな、ばかげた夢でもいいからそれに向かって少しずつ歩みを進めていってほしいと思います。

彼も毎日毎日パティシエになるために努力をしていたというわけではなく、
気が向いたときにつくっていたのが逆によかったのかもと言っていました。

たしかに、365日そのことだけを考え続けると逆にパンクしてしまうかもなので、
「自分の気が向いたときに」というのは一つのキーワードなのかもしれません。

もちろん、それは自分の夢に対して、ということですが、
まだない人もあせらず「気が向いたときに」探していってほしいと思います。

…ここまで書いておいて言うのもナンですが、こと「勉強」に関しては別の話です。
日々の「勉強」があるからこそ、「夢」への道が見えてきます。

「勉強」という下積みがないと、そもそも道が見えてこないので、いくら「気が向いても」
何をしたらいいかわからないということがわかってむなしい気持ちになってしまいます。

特に受験生の皆さん。
受験勉強なんて、社会に出てからの苦労に比べれば屁でもありません。
将来の自分のために、一生懸命やりましょう。

でも、そんなこと言われてもあまりピンとこないのも分かってはいるつもりです。
そのために自分たち学習空間の講師がいると思っています。

皆さんの幸せに向けて、大変だということは承知の上で、
ゴリゴリ追い込んでいこうと思いますので、あしからず。

ではまた。

今年は歴史の教科書に載る出来事がたくさん?

個別指導の学習空間八日市・草津教室の齋藤です。

安倍総理が突然の辞任を発表されましたね。第一次政権の時も同じような原因だった気がしますが特に今年はコロナウイルスの影響もあり心労があったことかと思われます。

早速、教室でも「安倍さん辞めたで!」と報告?してくれた生徒もいましたが、それと同時に「次の総理大臣って誰になるん?」をほとんどの生徒が質問してくれました。

正直なところある程度は既に決まっているのだろうと思いますが、一般の塾講師が確実に「次は○○さんだ」と教えてあげることは出来ません笑。もう少し勉強しておきますね。。。

一連の流れでふと思いだしたことがあります。

私が小学生のころはずっと小泉純一郎さん(小泉進次郎議員のお父さん)が総理大臣だった記憶があるのですが、小泉総理が退任された時も「次の総理大臣は誰になるのだろう?」と幼いなりに考えていた気がします。

その後は政権交代があったり、東日本大震災があったりと歴史の教科書に載るような出来事がそれなりに起こったのでそれらを経験してきた身からすると、今回の安倍総理の辞任で何か未来が動く可能性もあるんじゃないかと考えてしまいます。

ただでさえ世界的に大流行している病気が今も生活を脅かしているので、何か良い政策で世の中を明るくしてくれるようなリーダーシップのある人に総理大臣になってもらいたいですね。

個人的にはもう一度10万円を給付してくれる政治家になってもらいたいものです(ベーシックインカムもいいですね笑)。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

熱い夏

個別指導塾の学習空間、守山・近江八幡教室担当の寺澤です!

今年は梅雨入りが遅く、しばらく夏の到来を実感していませんでしたが、
ようやく本当の夏がやってきたなぁと…悲しんでいる今日この頃です。

…え!?

そうなんです、実は私、暑いのが大の苦手でして、生活において
何をするにしても「あーあちぃ」と心の中でつぶやいてしまいます。

その反面、唯一夏において好きなことがあります。

それは、「勉強に本腰をいれるタイミングの一つ」だからです。

みなさんも、「夏に頑張らんとあとから後悔するぞ!」と
さんざん言われているだろうとお察ししますので、
これについては深くは語らないように自粛させていただきます。
(コロナだけに)

ただし、塾生のみなさんへ。

この夏は覚悟しといてください!!

おそらく今までにないくらいの勉強をしてもらうことになると思います。
個人的には、各々に合った最も効率的な方法をつきつめることは、
学習において最も重要なことの一つだと考えています。

ただ、真の意味でその方法を見つけるには、今までの自分の限界を超えるくらいの
努力が必要になるとも考えているのです。

簡単に言うと、
「楽するためには、まず努力から」ということになると思います。

これは、勉強だけでなく、スポーツでも、芸術でも、
なんなら人生においてあてはまる言葉ではないでしょうか?

たとえ、努力せず楽なことができたとしても、いつか得体の知れない何かが
やってきたとき、その対処法に困ってしまうことがあるんです。

自分自身も、様々な面において、あとになってこれを痛感し、
後悔をすることが少なくありません。

みなさんにとっては、
「そんなこといわれても、めんどくさいわ!」というようなことかもしれませんが…

やはり大人は子どもたちに努力することの大切さ、≒自分の幸せのつかみ方を
示していかなければなりません。

「がんばっても、意味ないじゃん」と悲しいことを思わせないように、
きちんと導く義務があります。

そうして、脈々と受け継がれていく「何か」を体現していきたいと
思う今日この頃です。

…オチがうまく見つかりませんでしたが、今回は暑い夏を乗り越えるために、
自分を引き締める意味も込めて書かせていただきました。

見返してみると何も具体的なことを書いておらず、お恥ずかしい限りですが、
最後にもう一度言わせていただきます。

この夏は覚悟しといてください!!

(言いたいだけ)

ではまた。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

もしや近所迷惑になっているのでわ((((;゚Д゚))))

個別指導の学習空間、栗東西・野洲教室の丹羽です。

現在、6月28日 日曜日 午前4時。本来ならば自宅で睡眠中の時間ですが、またもや野洲教室にてブログを書いています。
こんな時間になぜ教室でブログを書いているかというと・・・

エアコンの清掃をしてもらっているから

定期的にエアコンのフィルターを外して掃除はしているのですが、内部までは素人では無理かと思いまして、業者の方に依頼しました。(特別定額給付金、ありがとう)
野洲教室では4週間ごとに交換してくれるモップと玄関マットを利用しており、そちらにお願いしようと思ったのですが、インターネットで検索し地元の業者さんに依頼。予約もインターネットで簡単に完了し、なんとか本格的な夏がやってくる前に清掃をお願いする事ができました。
予約可能な時間帯は早朝と夕方だったので早朝にしましたが、若干後悔中(+_+)

とはいえ、しっかりお掃除してもらいエアコン様にはこの夏もバリバリ働いてもらわなければなりません。
今年度は夏休みも変則日程で、8月中に登校日のある学校も多いようです。初めての経験なので体調管理も難しくなりそうですが、きれいになったエアコンと共に教室で皆さんをお待ちしています!!

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

予想する力が身につくと。。。

個別指導の学習空間八日市教室・草津教室の齋藤です。

6/19(金)に待ちに待ったプロ野球が開幕しましたね。
私は阪神ファンで、開幕前の解説者による順位予想では阪神を上位予想する人が多かったので期待していたのですが、良いスタートとは言えませんでしたね(笑)
ここからに期待してシーズンも見守っていこうと思います。ちなみにパ・リーグは楽天が鍵になる気がします。

順位予想を始めに、今年はありとあらゆることを予想して行動する力が求められますね。塾でも「夏休みが短縮されるかもしれない」「中間テストが無いかもしれない」「1学期がなくなるかもしれない」といった事態を予想して4月からは指導させていただいていました。

指導しているとああ、この子はちゃんと今後起こりうる事態を予想できているなと感じる子がいますが、今回の騒動だから特別というわけではなく普段からテスト1週間前には提出物を完成させていたり、テスト後も必ず問題の解き直しをしていたりといった「過去」と「未来」を結びつけて行動できているという共通点があります。

そういった予想する力を養うためにはやはり普段から「○○かもしれない」といった想定をしておく癖をつけておくといいと思います。

学校も再開され、テストも近くなってきた人がほとんどだと思うので一度試されてみてはどうでしょうか?

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

今年度初の模擬試験

個別指導の学習空間、栗東西・野洲教室の丹羽です。

本日、6月7日は日曜日。ですが、野洲教室にてこのブログを書いてます。
なぜなら本日は、タイトルの通り今年度初の模擬試験だからです!!
※今回の模試は、諸々の状況を鑑みて中学3年生のみを対象としています

今年度は新型コロナウィルスの影響により、各地域の小中学校が長く休校となり、つい先日から授業が再開され始めたばかりです。学習空間滋賀エリアでは、各教室が感染予防対策を取りながら、学校の休校期間中も開校しておりましたが、学校での授業が進んでいないため、参加者が集まるかどうか不安でした。しかしながら、各教室で多くの生徒が集まってくれました(さすがは受験生!!)。

中学3年生の模擬試験は、「滋賀Vもし」といって、問題の傾向や配点が実際の滋賀県公立高校入試にそっくりな模擬試験となっています。昨年度から6月にも実施することとなり、年間4回の受験機会があります。次回以降は 9月・11月・1月 に予定されていますので、今回受験を見送った方も是非受験してみてください。

また、模擬試験に限らず、試験は受験することそのものより、その後の行動が大事です。受験したことだけに満足せず、結果が返却されたら分析し次に繋げることで大きな成果になり得ます。
模擬試験は結果返却が約2週間後になりますが、間違えたところは塾でしっかり解き直しをする習慣をつけてくださいね!

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

休校期間中に「やるべきこと」

学習空間、八日市・草津教室の齋藤です。

私の担当している八日市・草津教室のある東近江市と草津市は5/31まで市立小中学校は休校が伸びてしまいましたね。

仕方がない一面もありますが、いつまで伸びるのかわからないことでイライラが溜まっている生徒も多いのでは無いでしょうか。

スポーツ選手の感染から始まり、有名芸能人の死など遠い話から一気に身近な恐怖に変わった感もあります。

大人でさえ先が見えないことにうろたえている状況なので、実際に大きく行動を制限されてしまった子どもたちにとって、その不安は更に大きなものであることは間違いないでしょう。

さて、私がブログを書くということは何かしら格闘技の話題が出てくることが定番(?)なのですが

先日、格闘技イベント「Road to ONE:2nd」が都内某所で無観客で行われました。

リング外には防護服を着たスタッフがいるという異様な空気の中で、行われたイベントで青木選手が試合後に

「おれはいつ死んだっていいんだよ。いつ格闘技やめたっていいんだよ。死にたくねぇ、負けたくねぇなら、ずっと家にいろ。でもな、生きるってそういうことじゃねえんだよ。日々嫌なことと戦って、くそみてぇな世の中と戦っていくんだ。生きるっていうのは目の前にあることと戦うことだ」

というマイクパフォーマンスをしたんですね。

外出自粛が当然のマナーのように繰り返されている現状で、こんなことを言うのが青木らしいなと格闘技ファンだったら思うでしょうが、一般の人が聞けばなかなかの爆弾発言だと思います。

ただ、青木選手は「格闘家」としての立場から「今、やらなければいけないこと」を伝えたかっただけではないでしょうか。

確かに、今外出することは命に関わることに繋がるかもしれません。

自分以外の誰かの命に関わることかもしれません。

でも、自粛は「何もしない」ことを助長するものではないと思います。

受験生であれば、刻一刻と受験までの日数は減っています。

今、自分の「やるべきこと」を見直すための時間は平等に与えられています。

この時間に何もしないか、チャンスと捉えて行動に移すか。

少なくとも私は行動に移そうとしている子の味方でありたいと考えています。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

昨年末も参戦してきました!

個別指導塾の学習空間、八日市・草津教室の齋藤です!

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

皆さんはこの年末年始をどのように過ごされましたでしょうか?大みそかはガキ使や紅白を家族で視聴し、お正月はおじいちゃんおばあちゃんの家で過ごすといった人が大半だとおもいますが、ちゃんと勉強してたよ!って子もいることに期待したいですね。

さて、私はといいますと昨年の大みそかもRIZINを観戦しに行ってきました。会場に来ているほとんどの人が堀口欠場のショックを拭いきれていないであろう雰囲気の中で始まったオープニングでMy Time(堀口選手の入場曲)が流れた瞬間に、会場が一気に熱くなったのが印象的でした。

今回の大会はいわゆる一般ウケするような対戦カードが無かったため、テレビで見ていた人も少なかったかもしれませんが、Youtubeでも活躍が著しい朝倉兄弟の試合を見た人はどれくらいいたのでしょうか?

中でも弟の海選手はタイトルマッチだったこともあり、戦前から注目を集めていたカードでした。ここ最近の勝ち方と、圧倒的な知名度の差から海選手が勝って翌年の大みそかに堀口選手を迎え撃つというストーリーを描いていた格闘技ファンが多かったと思います。

しかし、プロの選手たちの中には海選手不利といった予想も少なくはありませんでした。実は私も海選手有利とは見ていなかったので、結果を目の当たりにして驚いたのと同時に自分の予想が当たって、改めて自分の格闘技に対する観察力や洞察力に自信がつきました。

年が明けて翌日、タイトルマッチに勝利したケイプ選手がオフィシャルショップで1日店長をするとのことで、握手と写真撮影をしてもらってLINEのアイコンにもしちゃってます。

バンタム級(61㎏)の選手なので、実物よりも写真の方が小さく見えます(笑)。ナンダヨーがしばらく口癖になるかもしれません。

なお、RIZINのオフィシャルTwitterに握手会の行列に並んでいる緊張感丸出しの私が写っているので興味のある方は探してみてください。

また今年も行きたいな。。。
1年ごとに席がリングに近くなっているので2~3年後にはリング上に立っているかも・・・?

※ちなみに一番大きな声援を送ったのは選手ではなくラウンドガールの川村那月ちゃんへでした。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

見直しと分析

個別指導塾の学習空間、八日市・草津教室の齋藤です!

何ヶ月ぶりか自分でも忘れてしまうくらい久しぶりの更新ですね。前回の内容では大みそかのことを書いているので、時間が過ぎるのってあっという間だなと若干の恐怖を感じております、、。
さて、このブログを読んでくれている皆さんは最近模試を受けたでしょうか?今回受けらなかった人は次回必ず受験して下さいね!しばらく塾では模試を受けた人は見直しを、これからの人は模試に限らず実力テストや定期テストの分析も合わせて行っていくかと思います。
見直しと分析は成績を構築する上で非常に重要なポイントを占めているのですが、見直しは間違えていたところを赤ペンで直すだけ、分析に至ってはまったくやらないという人も多いのではないでしょうか。「だってやりかたわからんもん」という声が出てきそうなので勉強以外で私のマイブームから例をあげてみます。参考になるかどうか、、、?

私は格闘技観戦が好きで暇があったら過去の試合を見漁るのが趣味なのですが、「今の技ってどうやって使ったんだろう」とか「前回の試合ではパンチ主体の試合運びだったのに今回はキックを多用しているな・・・。対戦相手についても調べてみよう」、「右のストレートに対して全部顔を左に向けて避けるな・・・このことに気付いて試合してたんだろうか」といった点が疑問になるまで何回でも巻き戻して同じシーンを見ることがあります。私は格闘技の中でもMMA(総合格闘技)が好きで、RIZINのYoutubeチャンネルの動画を試合後に欠かさず見るのですが、そこで実際の作戦や心理を選手たちが話しているのを聞いて「お!当たってる」という雅な楽しみ方をしております(笑)。で、もう一度その情報を得た上で試合を見直すという休日を過ごすことが多いです。。。

無理やり勉強に当てはめると、普段の勉強(知識の積み重ね・過去の試合などで分析)→テスト(勝敗予想や試合運びの分析)→テスト直し(自分の分析や積み重ねた知識の再確認)といった流れになるのかなと思います。日々の繰り返しで知識を積み重ねることはできていてもなかなか結果が出ない人は、テスト直しや分析に力を入れて取り組んでみてはいかがでしょうか?我々講師は分析やテスト後のフォローを行うプロですので困ったことがあったら聞いてみてください。まずは、自分の好きなことを分析してみると良いかもしれませんね!そういった話を聞くのは個人的に大好きなのでぜひ聞かせて下さい。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間