2018年 6月 の投稿一覧

あきらめたら…

個別指導の学習空間、栗東西・野洲教室の丹羽です。

皆さんは「スラムダンク」、ご存知でしょうか?

 

『SLAM DUNK』(スラムダンク)は、井上雄彦による高校バスケットボールを題材にした少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された。

主人公の不良少年桜木花道の挑戦と成長を軸にしたバスケットボール漫画。単行本第21 – 23巻の初版発行部数250万部は、当時としての最高記録である。累計単行本発行部数は1億2000万部を突破している。

第40回平成6年度(1994年)小学館漫画賞少年部門受賞。2006年に文化庁が実施した文化庁メディア芸術祭「日本のメディア芸術100選」にてマンガ部門で1位を獲得。

『ダ・ヴィンチ』調べによる漫画家、評論家、書店員、読者の総勢808人が選んだ漫画史50年の中のコミックランキングで第1位に選出。  ~ウィキペディアより抜粋~

 

週刊誌での連載終了後22年が経ちますが、上記の通り、とても有名な漫画であり、アニメ化されていることもあって知っている人も多いと思います。そんな「スラムダンク」ですが、6月から9月までに新装版として全20巻が販売されることになったので、さっそく大人の力で購入してきたというわけです。

さてさて、スラムダンク中には様々な「名言」があります。

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ…?」

「おう オレは三井。あきらめの悪い男…」

「もはや何が起きようと揺らぐことのない、断固たる決意が必要なんだ」

「『負けたことがある』というのが、いつか大きな財産になる」

「ゆっくりでもいい。自分の力でやり遂げろ」 などなど

あくまで一例ですが、自分が好きなセリフをいくつか挙げてみました。勉強することはしんどいことが多いと思いますが、諦めずに自分の成長を信じてやり続けることが大切だと思います。結果が出ないこともあるかもしれませんが、努力した過程が大事なわけで、決して無駄になっているなんてことはないはずです。

 

今回のブログではスラムダンクをネタにしましたが、「もっといいのがある」「こんな名言があるぞ」という皆さんのお気に入りがあればぜひ教えてください。

 

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

大ピンチ!

個別指導の学習空間、栗東西・守山教室の森園です!!

いやー急に熱くなって夏っぽくなってきましたね!
皆さんは体調はいかがでしょうか?
先生はなんと急な熱で先週はノックダウンしておりました( 一一)
水曜日の朝、39度の熱に襲われ薬を飲んで寝ても40度まで上がりさすがにピンチな状態でした・・・
丹羽先生と斎藤先生と寺澤先生になんとか助けてもらい教室指導を代わってもらいましたが生徒のみんなにも迷惑を掛けてしまって申し訳なかったです(._.)
診断は胃腸風邪・・・初めて罹ったけどこんなに胃腸風邪ってやばいのか・・・?
と驚かされました。。。

さて話は変わりますが、新学期が始まってからの定期試験がほとんどの生徒さんが終わったと思います!
どうだったでしょうか?
しっかり反省を活かして次に期末に備えて頑張っていきましょうね!!

それでは(^^)/

滋賀の塾なら個別指導の学習空間