2016年 11月 の投稿一覧

人の心を動かす

個別指導塾の学習空間、彦根・八日市教室の成田です!

先日のアメリカ大統領選で、
それまでの劣勢を覆してトランプ氏が当選したのは記憶に新しいところです。
日本で彼は「差別的だ」とか「日本に対して高圧的だ」と報道されていたため、
当選したことで日本はどうなるんだ!?と懸念されたりもしていますが、
当選後は一変して温厚で論理的な主張をするようにもなり、
結果的にトランプが当選して良かったのでは、という見方も出ています。
その是非は置いておくとして、非常に印象深い人ですよね、トランプさん。

彼の演説の様子を見て、この人の「伝える力」はすごいなと、よく感じていました。
言葉にパワーと魂が宿っている感じがします。
もちろん話の内容の妥当性や適切性は考慮しないにしても、
聞いている人をその気にさせ、己の考え方に引き込むチカラがあるように思います。
その結果、少しずつ自分の支援する人間を増やしていくことに成功したのではないでしょうか。

最近はよく「炎上商法」という言葉も使われたりします。
敢えて聞き手や読み手が反発したくなるような内容を発信することで、
結果的に自分に対しての注目度を上げ、それをメディアが大々的に扱うことで、
数多くの人に注目される機会を得ることができます。
トランプ氏もこういう方法論で自分の注目度を高め、票を増やしたのだとしたら、
ものすごく策略家で、賢い人物であるようにも思いますね。

他人の心を自分に引きつけたり、その人の考え方や思想を変えるのは簡単ではありません。
しかし時として、それが必要になる場合もあります。
我々講師が生徒と対峙して関わりあうときも、それが必要な時のひとつです。
講師として、正論や理想論を言うことは簡単です。
勉強の仕方、テストで90点以上取る方法、○○高校合格に必要な勉強、
この程度のことなら、いくらでも「言う」ことは出来ます。
しかし「伝える」となると、これほど難しいことはありません。
更にはそこから当人の「行動を変えさせる」レベルになると至難の技です。
伝えたことが本当に心の奥底にまで届いていないと、行動は変わらないからです。

生徒の状況や性格は多種多様であり、
行動を変えさせるために何をすればいいという一つの答えは決してありません。
講師である間は、それはいつまでも勉強し続けていくべき課題であると思います。
しかし忘れてはならないのは、どんな伝え方をするにしても、
そこにパワーや魂が宿っているかどうかということです。
「良い点を取らせたい」「この生徒を行動変えさせたい」「幸多き方向に導いてやりたい」、
当たり前ですがその思いを強く持つことが、
「言う」が「伝える」に変わる第一歩であり、言葉を心の奥底に届けるための原動力でしょう。
「アメリカを変えたい」という強い信念を持って臨んだトランプさんと同じようにです。
まぁさすがに自分はあそこまでパワフルにはなれそうにないですがね…!( ̄― ̄)

最後に余談ですが、そういった伝え方の技術を悪用して人の心を動かし、
騙してお金を奪ったりする詐欺師も世の中にはいます。
トランプ氏みたいな詐欺師がいたら、なかなか手ごわいですよね…笑
みなさん、悪いやつには騙されないようにご注意です!

  

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

高校合格おめでとう!

学習空間 滋賀エリア 守山・八日市教室の佐藤です。

つい、先日ですが、八日市の生徒で高校合格者がでました。その生徒は1年の時から見ている生徒で、理由あって不登校になってしまった生徒でした。学習空間に入って来た時は既に不登校で、勉強も一からという感じでした。もちろん、土学も活用しながら、平日も同じ学校の生徒と会うのは駄目なので、私も成田先生も早目に出ての指導をずっと続けてきました。センスのある子でしたが、一向に自発的に勉強しない・・・そこが、最大の問題でした。まあ、その点に関しては今もそうなんですが・・・( ̄▽ ̄;)
ただ、入試前の1ヵ月だけは、作文の練習、面接練習、国英数、とても頑張っていたと思います。その結果として今回の合格があったのも事実です。

学校に行けなくなった細かい事情は聞いていません。気になった時もありましたが、そんなことよりも彼がこの先の人生で今までなし得なかったことを取り戻したいと願っていることを知った時、彼に出来ることをやろうと思いました。

彼の願いは・・・「友達をつくることです」

これからの彼の人生が開けてくることを願っています。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間