YOUメッセージとIメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個別指導塾の学習空間、彦根・八日市教室の成田です!

今回は突然ですが、心理学のお話です。

YOU(ユー)メッセージとI(アイ)メッセージという言葉を知っていますか?
YOUメッセージとは、「相手」を主語とした表現の仕方です。
そしてIメッセージとは、「私」を主語とした表現の仕方です。

同じことを伝えるのでも、伝え方一つで相手が感じる印象は大きく変わってきます。

例えば、待ち合わせで相手が連絡もなく遅刻してきたとしましょう。
それに対して、「来るのが遅い。ちゃんと連絡してよ。」と伝えたとします。
これはYOUメッセージです。文の主語は相手です。
「(あなたは)来るのが遅い。(あなたは)ちゃんと連絡してよ。」の意味で伝わります。
これは明らかに相手の行動に対する批判となります。
場合によっては、相手の反感を買うこともあるかもしれません。
YOUメッセージとは、発言者の主観で相手に対して感じたことを述べ、
「評価」をするニュアンスを持った伝え方です。
上から目線の伝え方とも言えるでしょう。

では上記と同じ状況で、こう伝えるとどうでしょうか。
「来ないのかと思い不安になった。遅れるときは連絡してくれると助かる。」
これがIメッセージですね。文の主語は自分です。
「来ないのかと(私は)不安になった。遅れるときは連絡してくれると(私は)助かるよ。」
この表現であれば、相手に対して批判的なニュアンスは弱くなります。
Iメッセージとは相手の行動に対して、自分が感じたり思ったことを伝える表現です。
相手への指示や評価がないため、言われた側も言葉を受け取りやすくなります。
結果的に反感も買いにくくなり、遅刻への反省も促しやすくなるかもしれません。

この2つの伝え方は、アドラー心理学という分野で提唱されており、
友人同士やビジネスの現場に教育現場、もちろん家庭の中でも活用することができます。
例をいくつか挙げてみましょう。

 
「なんでそんなことするん?」(そんなことをするなんてあなたは嫌な人だ)
→「そんなことされると傷つくなぁ。」(それをされると私は傷つく)

「勉強しなくていいの?」(あなたは勉強をしない困った子だ)
→「勉強してる姿が見えないと、すごく心配になるよ。」(私はあなたのことが心配だ)

「うるさいから静かにして。」(あなたはうるさい迷惑な人だ)
→「静かにしてもらえるとありがたいんだけど。」(うるさくて私は困っている)

「約束はちゃんと守りなさい!」(あなたは約束を守らない悪い人だ)
→「約束をちゃんと守ってもらえなくて残念だ。」(私はあなたに約束を守ってほしい)

「今度一緒に食事でもどう?」(あなたは私と食事したいですか?)
→「君と食事をしたいと思っているんだけど、どう?」(私はあなたと食事がしたい)

 
人はYOUメッセージによって周りの人間によって不当な評価をされたり、
自分の行動を非難されたり、自分の意志だけを問われると抵抗を感じます。
それに対し、Iメッセージで相手から先に「私はこう感じている」という情報を
客観的に与えられることで、自分の素直な気持ちや考えを述べやすくなり、
また、相手の言葉への抵抗も少なくなります。

Iメッセージの活用は、あらゆるシーンにおいて
コミュニケーションを円滑にするツールとなります。
うまく利用して、相手の行動をうまくコントロールしてみましょう。笑

  

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA