趣味の話から勉強の話

八日市教室・彦根教室担当の金城です。

最近、生徒から「先生ブログ書かないのー?」と言われてしまい、見てくれている人がいるんだなと反省し、この度筆を執るに至りました。

ご無沙汰の間、ぼくの周りでは色々なことがありましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。
中でも大きな出来事として、彦根教室の新しい相方講師として、佐藤先生を迎えたことがあります。
軽くご紹介しておくと、彼はぼくと同い年 (18歳) で、東京からここ滋賀県へ赴任してきました。
持ち前の優しく丁寧な指導に定評があります。一緒に彦根教室を盛り立ててくれると大いに期待しています。
近いうちにブログに登場して、また改めて自己紹介してくれると思いますので、ぼくからはこの辺で。

さて、話は変わりますが、ぼくの趣味である将棋の話をします。
ルールを知ったのは小学生の時ですが、ちゃんと人と指したりし始めたのは大人になってからです。地元沖縄にいたころは、友人に誘われて大会に参加したり、サークルに参加して交友を広げたりと、趣味としてとても楽しんでいました。
しかし現在滋賀では人と指す機会がなく、プロの対局の観戦 (“中継アプリ” というものがあります) や、某アプリでネット対局をたまにするぐらいです。このゴールデンウィークもコロナの影響で帰省できなくなったので、家に引きこもってネット対局と読書に勤しむ予定です。

将棋はクールに頭を働かせるメンタルスポーツ、という印象をお持ちの方もいるかもしれません。
しかし実際のところは、負けるとスマホを (枕に) 投げつけてしまうほどアツくなる、”勝負事” としての側面があります。
勝って気分良く、または負けて悔しくてアツくなり、連続で対局して何時間もあっという間に過ぎてしまうこともあります。
没頭できる楽しさがありますが、人聞きの悪い言い方をすれば、ギャンブルのような中毒性があります (ギャンブルをしたことはありませんが)。
こんな言い方をしておいてなんですが、おススメですよ。人と指して、対局終了後にあれこれ検討・感想戦をするのは最高に楽しいです。

ところで、人と将棋を指す時は、負けたほうは必ず「負けました」とか「参りました」と投了の言葉を述べて互いに一礼します。
そして仲良く (?) 検討や感想戦=対局の振り返りをします。観戦者 (対局を見ていたおっさん) も一緒になって、「このときはこうすればよかった」「あれは悪手だった」「ああすれば詰んでいた」などと盛り上がります。自分より強い人が観戦している場合、色々聞けるのでとても参考になります。

勉強もこれと同じで、「投了→感想戦」という流れは「問題が解けない場合は諦める→解説を読んだり人に聞いたりして、どうすればよかったかを知る」というプロセスとよく似ているなと思います。

もちろんわかるまで考え抜く粘り強さも大事ですが、いさぎよく諦めて解答解説を読み込んだり、人に質問してなぜ間違えたかを理解し解決することは同じぐらい大事なことです。
解いた問題の見直しをせずに、それどころか丸付けすらせずに次の問題に取り掛かる生徒がたまにいます。
せっかくチャレンジしたのに、間違えた問題を放置して終わることは、対局後に投了も検討もせずに将棋盤をひっくり返すことのように感じます。おおげさでしょうか。

棋力アップと学力アップのプロセスは似ていて、「感想戦 (振り返り) →より良い手 (どうすればよかったか) を知る→さらに対局 (問題を解く)」というサイクルが効果的です。”良い手を教えてくれるおっさん” としてみなさんの勉強のサポートをしていきたいなと思います。

“感想戦” を楽しみましょう。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

雨、やだなぁ

個別指導塾の学習空間、守山・近江八幡教室担当の寺澤です!

御無沙汰しております!2021年度初投稿です!

今年度より、近江八幡教室は私と伊佐先生の新体制でスタートしました!
伊佐先生は、見上げるほどの大きさとは裏腹に、物腰の柔らかい話し方で
来て早々生徒たちと打ち解けてくれています!本当に頼もしい!!
何を隠そう私も一緒にお話すると勝手に癒されてしまいます(笑)

…ところで、今年は雨が多くないですか!?

お花見に行こうとしても雨、ラーメンを食べに行こうとしても雨、、、
おまけに雨が降ると自転車通学の生徒はあまり来なくなっちゃうし・・・

人生で初めて雨が嫌になりました(笑)

自然って、すごいですよね(謎のドヤ顔)

現在、私たちの生活は、目に見えないようなちっちゃい粒々に脅かされています。
医療関係者の方々のみならず、飲食業の方々等、こんな大変な時勢の中で
誰かが「誰かのために」働いてくださっている。本当に感謝しかありません。

地震や津波により、決して言葉では言い表せないような被害を受けた方々も、
自分のためではなく「誰かのために」復興へ取り組んでくださっています。

この文章を書いていて、ただの雨ごときで何を言っているんだと
自分自身が恥ずかしくなりました。

でも、そんな雨でも、あまりにも長く続いてしまうと心が晴れないまま、
希望を持てなくなることもあるのではないでしょうか?

勉強しなさい、学校へ行きなさい、ゲームやYouTubeはやめなさい、、、
こんな同じようなことを何度も言われると、気が滅入ってしまいますよね…

新しいクラスが嫌なのに、部活行くのめんどくさいのに、なんか面白くないのに、、、
挙げるときりがなさそうです。

今の君たちには、周りの大人からのそういった「声」がうっとうしいかもしれません。
「○○のためを思って言っているのよ!」と言われても、「知らんわ!」となるかもしれません。

ただ、本当にそうなんです。

君の幸せを願っていない人は、君のためにそんなことは一切言いません。
ほんの少し気持ちが先走ってしまっているだけなんです。

またまたよく分からない文章になってしまいましたが、
皆さんが「自分」を大切にし、「誰かのために」を原動力に
がんばってくれることを楽しみにしています。

ラーメンTシャツ、3着あっても逆に邪魔だなぁ…

ではまた。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

近況及び、色々とありました・・・。

個別指導の学習空間、栗東西・守山教室の森園です!

皆さん、かなーりお久しぶりです!!

一体どれほど書いていなかったのか、遡るのも怖いくらい前ですよね。

かなり久しぶりにより滋賀エリアの状況も様変わりしたのでまずはそのご報告をします。

3月29日より滋賀エリアに新たな先生が来てくれております。

伊佐先生と佐藤先生です!

伊佐先生は近江八幡教室と草津教室、佐藤先生は野洲教室と彦根教室で指導にあたってます。

伊佐先生は抜群の指導力とコミュニケーション能力で生徒を虜にしているようです(噂によると)。

佐藤先生は持ち前の熱心さで生徒にとことんぶつかってくれていますね。

また、近江八幡教室で頑張ってくれていた小野先生は色々とあって彦根教室へ再び行ってくれてます。

彦根教室のオープンは石川エリアへ旅立った成田先生と小野先生だったので感慨深いものがあります。

金城先生と佐藤先生と共に頑張ってくれております!

色々と体制も変わりましたが、今後とも学習空間滋賀エリアをよろしくお願い致します!

ここで話が変わりまして個人的なお話に・・・

実は3月中旬頃から絶賛体調不良となっており生徒様、保護者様には多大なご心配をお掛けしてしまいました・・・。

というのも、咳が止まらなくなり指導中も何度も咳をしてしまっておりました(うるさかったよな、ごめんよ)。

病院に行って診てもらうと肺に大きな影が・・・これを見て”癌”の文字が頭をよぎりました。

病院に何度も通い、検査をたくさんしました。

その中でも気管支鏡検査というものは本当にしんどい検査でした・・・。

肺の中にカメラを入れるのですが、ほんんんっっっっっとうに苦しかったです、でもこんなことができるのって凄いと今では感心しております。

結果は全てにおいて陰性でした、良かった・・・。コロナでもありませんよ!

でも、おかげで色々と普段考えないこともたくさん考えさせられる良い機会だったと今では思っています。

ただ、まだ病院には通っております。

というのも口腔内の環境を良くした方が良いと指摘を受けたのでお世話になっている状態なのですが、全然関心も興味もなかったのでこちらも非常に勉強になっています。

歯科衛生士の方が歯垢についてや虫歯について、歯茎の状態や歯のお手入れについて事細かに教えてくれてます。

その中でも歯の磨き方で衝撃だったのが、歯ブラシは硬めで大きくてギザギザしているのでバシバシ磨くのが良いと思っていたのですが、全て逆だったことを知り自分の無知さを思い知らされました・・・。

柔らかく、ヘッドは小さめの、平たい物が口腔ケアに適しているようです!

知らなかった人は是非一度歯医者さんで指導を受けてみてください、歯を長持ちさせるために非常に弁勉強になりますよ!

ではでは(^^)ノシノシ

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

「シンパシー」と「エンパシー」

個別指導塾の学習空間、彦根・草津教室の石田です!

「シンパシー」と「エンパシー」
皆さんはこの2つの言葉を聞いたことがありますか?

シンパシーの方がどちらかといえば有名でしょうか
「君とはシンパシーを感じる」なんて使われがちですよね

この言葉たち意味合いはとても似ていますが
全く別ものであるということを今回は紹介したいと思います!

まず、言葉の意味を調べてみましょう!

シンパシー:他者の感情に対し共感する感情の同一性を指す。
Sympathy :同情、思いやり、あわれみ、同情心

エンパシー:他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。
Empathy :共感、感情移入

とはいっても意味だけ読んではあまりピンとこないですよね、、、

他にいい説明はないかなと考えていたら
こんなストーリーを思い出しました!

交通事故で左腕をなくしてしまったO君という生徒がいました。
学校の先生たちは、O君の身体を気遣って体育の授業は危ないだろうと見学に
休み時間は外で遊ばないようにと色々な配慮をしていました。

そんなある日、学校の先生がふと通りかかった公園で
子どもたちが野球をしている場面に出くわします。

よく見てみるとそこにはO君の姿があり
他の子どもたちと一緒になって楽しそうに野球をしていました。

それをみた先生はしばらく黙ったまま
その様子をしばらく眺めていましたというお話です。

先生たちはO君のことを心配して、様々な制限をかけてますよね?
これはシンパシーにあたります。

一方、一緒に野球を楽しんでいた他の子どもたちは
O君のことを考えて一緒に楽しめる方法を見つけていますよね?
これはエンパシーにあたります。

ここで決定的に違うのは、

先生たちはO君の障害を考えての行動
子どもたちはO君のことを考えての行動

考えている視点が違うということです。

自分とは違う立場である相手の目線に立って
相手がどう感じるのか、どう考えているのかを理解しようとすることで

相手が何を望んでいるのか、何をしたら喜んでもらえるのかを
くみ取ることができるのではないでしょうか?

相手を可哀想だとか、気の毒だとか、そうやって同情をしているとき
人は無意識のうちに相手のことを上からみてしまいがちです。

もう一歩踏み込んで、相手の立場になって
初めて相手の心を揺り動かす糸口が見えてくるのではないでしょうか?

そういった細かい積み重ねがやがて大きなエネルギーとなり
世界を根底から変えていくのではないかなと

シンパシーとエンパシーという2つの言葉の意味を考えながら
思いを膨らませていた石田です(笑)

そんな私の空想にお付き合いいただき
最後まで読んでくださった方々ありがとうございました!!(笑)

それでは、また(^^)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

映画化決定!!!

個別指導塾の学習空間、彦根・草津教室の石田です!

「2021年スラムダンク映画化決定!!」

某SNSでこの記事を目にしたとき
思わず飛び跳ねずにはいられませんでした( ゚Д゚)!

熱烈なスラダンファンとまではいきませんが

スラムダンクで育てられたといっても
過言ではないくらいだと思ってます!(笑)

母と姉の影響で小さいころからバスケットを始め
怪我が多かったのと親戚が整骨院をしているということもあり
ほぼ毎日のようにその整骨院に通っていました

そこにスラムダンクが全巻そろって置いてあるので
1巻から31巻まで何十回と読破しておりました!!

また、夏休みになると必ずと言っていいほど
アニメが再放送されていたので毎回欠かさずに見ていました!!

さらに、そのアニメの再放送をビデオに録画して
それもテープがピロピロになるくらい見返していました!!

このように私の小・中学生のころの記憶は
スラムダンクでいっぱいなのです(*´Д`)(笑)

子どものころに見ていたアニメが大人になって
新たに映画化されるのは感慨深いものがありますね~

どんなストーリーなのか
数ある名曲の中から主題歌に選ばれるのはどれなのか

なんて考えていると待ち遠しくてたまりません!!

ちなみにわたしの推しキャラは水戸 洋平なので
彼の登場を心から楽しみにしてます!

それでは、また(^^)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

メリークリスマス!!

個別指導塾の学習空間、彦根・草津教室の石田です!

メリークリスマス!
なーんて書いてますが

クリスマスの定義的には
12月24日の夕方から25日の朝までらしく

もう終わっちゃってますね~~(´-ω-`)

いい子にしていた皆さんにはきっと
サンタさんからプレゼントが届いていることでしょう!

私もいい子にしていたので
遅れてでもサンタさんからプレゼントが届くのではないかと

心を弾ませながらプレゼントを待っている
そんな毎日になりそうです(笑)

クリスマスの一ヶ月前くらいから
街中にあふれる音楽やイルミネーションなど

クリスマスがやってくるぞ!!
ってせかされてる感が半端ないけど

いざ終わってしまうと急に淋しく感じますね、、

そして―――
気が付けば今年もあと6日!!

良い新年が迎えられるように
大掃除がんばります!!笑

それでは、よいお年を(^^)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

虹の始まり

個別指導塾の学習空間、彦根・草津教室の石田です!

つい先日、教室へ向かう途中に虹を見かけました!

虹を見たのはいつぶりたろう?

そんなことを思いつつ

虹の始まりまで行ってみたい

そんな衝動に駆られずにはいられませんでした

虹を見かけたら

そのふもとまで行ってみたいと思うのは私だけでしょうか?

だれでも一度はその妄想にふけるはず

雲の上に乗って世界を上から見てみたい

なんて類のロマン飛行のひとつ

でも、よくよく考えてみると

虹の始まりに行くことは夢のまた夢なわけで

虹の始まりの地点には雨が降っており

そこから離れた場所からでないと

虹を確認することはできない

なんてことに気付かされます

それでも、叶わないと分かっているから

そのロマンを追い続けることができ

いつまでも夢見る少年の心を忘れずに持っていられる

そんな気がします

なーんて、なんだかポエムっぽくなりましたね!(笑)

今回のブログはこんなところで

それでは、また(^^)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

模試と休日

個別指導塾の学習空間、守山・近江八幡教室担当の寺澤です!

昼夜の寒暖差が激しく、体調管理に気をつけたい今日この頃です。

さて、本日11/8は第3回滋賀V模試を開催いたしました!
回を追うにつれて、受験生たちの顔つきが真剣になっていくのを
感慨深い気持ちで眺めつつ、皆全力を尽くしてくれたことを嬉しく思います。

とはいえ、判定に一喜一憂するのではなく、反省と復習をガッツリしてもらわなきゃ…
なので一緒に頑張りましょう!!

また、今日は日曜ということで、久々にかつての教え子と相棒に会ってきました!
先日教員試験に合格したという嬉しい連絡があり、立派に育った我が子(!?)を
感慨深い気持ちで眺めつつ、健闘をたたえました。

当時の僕と相棒は、塾内で一、二を争うクソ厳しい講師でした。
高3の夏、飛び込みで体験にきた彼女。しかも、国立大学志望。

「〇〇となら受からせられます」(個人情報保護のため〇〇表記)
「ゆうきさんとならやらせてください」(I am ゆうきさん)

とお互いのいない所で啖呵を切った僕たちは、半年も無い期間で
鬼の猛特訓を開始し、彼女は見事合格を掴み取りました。

あれから、4年。

立派に育った我が子(!?)を感慨深い気持ちで眺めつつ(しつこい)、
「あの頃はマジで毎日がしんどかった怒」と怒られてしまいました。
でも、「あれがなかったら今の私はいなかったし、感謝してます」と
恥ずかしそうに言う彼女を見て、親(!?)たち、ジーンときました(笑)

あの頃に比べ、僕は丸くなった(む?)気もしますが、相棒は相変わらず
正直な物言いをしていてなんだかホッとしました。

…えーっと、その、、今の時代、根性論的な話は敬遠されることと思いますが、

苦労することなく掴み取った未来は、立ちはだかる壁を乗り越えることはできないでしょう。
運よく乗り切った壁は、さらに大きくなってまた眼前に立ちはだかるでしょう。

人それぞれの道があるので、無理強いをするつもりは全くありませんが、
僕は、見える限りの可能性を信じて、生徒たちに接していきたいです。

そうするからには、これからもっともっと、教育者としての腕を磨かなければなりません。
責任を持って。当然ですが。

本当の意味で、皆さんのパワーを最大限に、もっというと限界を超えるぐらいの
教育ができる人間になりたいです。教育って言葉はいやですが…。

…気づいたら、自分語りを始めていました(かなりイタイやつ笑)

受験生の皆さんは、そろそろ”入試”というものの実感が
リアルになってきているのではないでしょうか?

どうか、本気で、取り組んでほしいです。

結果が怖いかもしれません。
努力してもかなわなかったら…と考えてしまうかもしれません。

でも、せっかくだから、必死こいてみませんか?

案外楽しいですよ?

ではまた。
(ブログなので何卒お許しを 土下座)

★ HAPPY HALLOWEEN ★

個別指導塾の学習空間、彦根・草津教室の石田です!

★ HAPPY HALLOWEEN ★

気が付けはもうそんな時期に!
10月31日といえば!そうハロウィン(∩´∀`)∩

もともとは、キリスト教由来のお祭りで
ご先祖さまの霊をお迎えして悪霊を追い払う行事だったそうです!

なんだか、日本のお盆と似ていますよね!

ということは!!!

日本にもハロウィン的なイベントが
誕生していたかもしれないということでは!!

なんて妄想せずにはいられません(笑)

さて、ハロウィンで仮装するのは、
先祖の霊と一緒に悪霊もやってきて悪さをするため

ドラキュラやガイコツ、魔女などに仮装をして
悪霊を怖がらせて追い払う目的があったそうです!

いまや日本でも仮装をしたり、お菓子ハーティーをしたり
楽しめるイベントになっていますよね!

一度は本場のハロウィンを味わってみたいと
心の中でずっとその夢を育ててきましたが

気が付けばもう大人になってました (´Д⊂ヽ(笑)

もうお菓子はもらえなくとも
本場の雰囲気をいつか味わってみたいものです!

いつか、そんなチャンスが巡ってくるといいな~
なんて毎年思いながらハロウィンを過ごしています!

今年はどんなハロウィンになるのかな~

それでは、また(^^)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

バタフライエフェクト

個別指導塾の学習空間、彦根・草津教室の石田です!

「バタフライエフェクト」

みなさんは、この言葉を聞いたことがありますか?

気象学者のエドワード・ローレンツ氏が
「ブラジルでの蝶のはばたきがテキサスに竜巻を引き起こすか」
という講演の演題に由来する言葉です

力学系の状態にわずかな変化を与えると
そのわずかな変化がなかった場合とは
その後の状態が大きく異なってしまうという現象のこと

もう少し言葉を変えて説明すると

ほんの些細な出来事がさまざまな要因を引き起こし
後に非常に大きな事象の引き金に繋がるという考え方のことです

この言葉を思い出すたびに
とてもロマンあふれる言葉だなって思います

だって、この世に生を受けたことで
自分が存在しているのと、存在していないのとでは
なにかしらに影響を与えているはず

少なくとも、自分の存在がなにかしらの形で世界に影響を及ぼしている
どんなに小さなことでも、それは何かに繋がっていく

そう考えを馳せると妄想が膨らんでいきますね( *´艸`)笑

どんなことも「意味がないことなんてない」
ってそう思えてきませんか?

『バタフライ・エフェクト』という映画もあるので
興味のある方は是非ご覧になってください!

それでは、また(^^)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間