初投稿です。

初めまして。学習空間滋賀エリア、八日市教室と彦根教室の金城 (キンジョウ) と申します。
八日市では齋藤先生と、彦根教室では石田先生と、それぞれタッグを組ませていただいて日々奮闘しております。

ご縁を頂いて滋賀に来たのが昨年のゴールデンウィークあたりなので、2020/05/28現在、滋賀に来て1年が経過したところです。
遅ればせながらブログ初投稿となります。

名前でお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、生まれと育ちは沖縄です。
好きな食べ物 (飲み物) はどら焼き、そば、ルートビア。
趣味は将棋なので、対局等してみたい方はお声を掛けてくださるとうれしいです。
ちなみに、好きな駒は金将です。

今回は自己紹介がてら、滋賀に来て思ったことや新しく知ったことについて書いてみようと思います。

まず滋賀に来て思ったことは (当然ですが)「寒い」「雪が降る」ということです。
今年は暖冬だったらしく雪も少なかったと聞いていますが、(真冬のどんなに寒い日でも最低気温が10℃はある)沖縄育ちの私からすれば、ここは極寒の地です。
「外で寝ると死ぬ」という環境にしみじみと恐怖を覚えました。
雪の降った日に少しテンションが上がって雪だるまを作ったことは内緒です。
次の冬に備えて、オススメの寒さ対策があれば教えてください。

また、滋賀に来た当初は少し言葉の壁を感じました。
ちょっとした場面で聞きなれない言葉に出会うと文化の違いを感じて、壁と言うよりは、異国の地に舞い降りたような気分になりました。
例を挙げると、「おおきに~」「○○やさかい」「○○しはる(尊敬後?)」といったところが印象に残っています。
今ではすっかり聞き慣れてしまいました (私自身のしゃべり方は多分そんなに変わっていないと思います) が、滋賀の文化や地理についてまだまだ知らないことだらけなので、色々と学んでいきたいと思います。
滋賀についてのおもしろい情報やオススメのスポットがあれば教えてください。
今度ヒマな時に彦根城に行って彦にゃんの存在を確認してみようと計画中です。

そして最後に、滋賀と沖縄の共通点 (?) を1つ挙げようと思います。
それは…「学力テストの都道府県ランキングが最下位クラス」…ということです!
生徒を指導していてそんな風に感じることなど一切ありませんし、正直なところ、「だからどうした」とさえ思ってしまいます。
生徒の皆さんが「おれがランキングを上げてやるぜ!」と頑張ってくれたらそれでいいかなと思います。
この現状をどうこうしようなどと大それたことを企んではいませんが、目の前の生徒一人一人に真摯に向き合い、「わかりやすかった」「勉強してよかった」「学習空間に来てよかった」という風に、勉強することに対してプラスのイメージを持ってもらえるよう努力を重ねていきます。

徒然なるままに書いてしまいましたが、今回はこれにて終わります。
今後もこの場をお借りして、勉強についてだけでなく、日常で気付いたことや思ったことも書かせていただこうと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
最後までお読みいただいてありがとうございました。

ONとOFF

個別指導塾の学習空間、守山・近江八幡教室担当の寺澤です!

長かった春休みもようやく終わり、分散登校が始まってしまいましたが(!?)、皆さまいかがお過ごしでしょうか??

「ひまだったし、やっと友達と会えるからうれしいなー!」、「ずっと休みだったから、学校行くのめんどくさいな…」など、色々な気持ちでいると思いますが、「ようやく学校で勉強ができる!最高や!」と燃えている子がほとんどでしょう。(!?)

でも同様に、長かった休み期間≒「OFF」から、徐々に授業や部活の開始≒「ON」に切り替えなければいけない子もきっと多いのでは??

”きっと多い”、と書いたのは、中には「授業も部活もいつ始まるか分かんないけど、いざ始まった時のために頭も体も動かしておかなきゃ!」といったように、休みの間でも先を見越して自分を鍛えていた子もいる、ということです。
言うまでもなく、世間的には「OFF」の間でも自分でスイッチを「ON」にして努力できている子は、成長度がハンパないので、将来活躍しているビジョンが浮かんできます。一般的にも、「ONとOFF」の切り替えが上手な人は、仕事もプライベートも成功しているイメージがありますよね。

と、説教じみた話は一旦置いておき、この長い春休みに生徒の方から勉強面以外でもそういった話を聞けることがあり、うれしくてにやにやを必死で抑える瞬間が数知れずでした。
以前は家であまり勉強できなかった生徒が、「自分でできることは家でやるようにした!」と話してくれたり、勉強面以外でも「空手の練習がないから、家で筋トレしまくってる!」、「バスケの練習が無いから、琵琶湖大橋(かなり長い!)を往復してる!」など、たくさんの”OFFでもON!”の話を聞いて感心しておりました。そして、これらの話をしてくれている時の表情と言ったら……言葉では言い表せないですね。

休みが始まる前から、「この休みをどう過ごすかで、全然変わってくるよねー(以降、割愛)」と挑発(!?)はしていたのですが、想定したよりも多くの成長報告をしてくれたのです。学習空間ではこういった”人としての成長”も重視して指導を行っております。

あくまでも主観なのですが、年が経つにつれてその「ON」の入れ方が分からない子たちが世の中に増えているのでは?という感覚があります。特に、スマホの普及により、ポケットから取り出せばいつでも「OFF」を満喫できる環境ができてしまったことが大きな要因とは考えているのですが、その反面、スマホが無ければ大人も子供も生きにくい世の中になってしまったことも事実なので、やはり切替が重要になってきます。

そういった無駄な「OFF」の誘惑に勝ち、「ON」を使いこなして自分を高められる人に育てるというのも、自分のモットーの一つにあります。そのためには、まず「ON」の楽しさ、つまりちょっとしんどくても頑張った先にあるhappyをいっぱい感じてもらうことが大切です。

「ON」、「OFF」それぞれについてはもっと掘り下げたいことがたくさんあるのですが、長くなりそうなので今回はこの辺にさせていただきます。ただ、ここまで言っておいて…といった感じにもなりますが、「OFF」の使いこなしは、「ON」と同じくらい、もっと言うとそれ以上に大切だと考えているので、機会があったら書かせて頂こうと思います。

甘ったれが立派に成長することを信じて。

ではまた。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

きっと良くなる

個別指導塾の学習空間、八日市教室・草津教室の齋藤です。

つい最近まで4月だと思っていたら、あっという間にゴールデンウィークも終わり、気が付けばもうすぐ6月になりますね。。。

歳を取ると1年があっという間に感じる現象にもしっかりとした根拠もあるようですが、今年のように自粛が続く場合はもっと短く感じるという新しい仮説が生まれるかもしれませんね。

そういえば、私の所属している八日市教室と草津教室の生徒にはさんざん話したかもしれませんが、ゴールデンウィーク前にニンテンドーSwitchの抽選販売に応募していました。

3月後半ごろから全国的に品薄が続き、現在でも抽選販売だけを受け付けているお店が多いようです。一部amazonなどで不定期的に入荷はしているようですが・・・?

そんな状況だったので試しに応募してみたら・・・

見事当選してしまいました笑!!

当選したのはSwitch liteですので既に持っていた物に引き続き2台持ちとなりました。

少し暗い雰囲気が世の中に漂っている中、店員さんに「おめでとうございます!」と言われて受取った時は良いこともあるもんだなあと感じました。

コロナウイルスの第二波は必ず来ると思いますが、いずれ特効薬もできるでしょうし、今よりもしんどい思いをすることは少なくなっていくでしょう。

今よりも運は良くなることを願って、まだ抽選結果待ちのSwitchも当たることを祈りたいと思います!
(4台当たったらどうしようかな・・・?)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

本物を見極める

個別指導塾の学習空間、彦根・草津教室の石田です!

なくなってから大切だったなって
思い知らされることってたくさんありますよね。

個人的には、親元を離れてから親の偉大さを痛感したり
今で言えば、学校に通うことができない状況であったり

なくなった状況に直面したときに初めて
今まであったものがなくなるという経験をするので
仕方ない部分もあるのかなと思いますが

慣れ親しんだ人、場所、環境などなどとのお別れ
というエピソードはこの世の中にたくさんあるので

ある程度、想像することができたり
自分の状況に置き換えて気を引き締めたりしますが

それでもやっぱり
なくなってからその物事の真意に気付くんだろうなと。

人間ってつくづくエゴな生き物ですよね。

でも、だからこそ憎めない人間味があって
そこに人間らしさが詰まってるんだろうなって

個人的に哲学というか、人間とは?という命題に
思いを馳せるのが好きなのでどうしても哲学っぽい話になっちゃいますね(笑)

それはさておき、話はぶっ飛びますが、
占いの世界において「サターンリターン」なるものがありまして

年齢でだいたい28~30歳あたりに、何かを削ぎ落す
周りの環境が、がらりと変わるといった経験をすると言われています。

自分とは?本当にやりたいことはなに?
という問いや自分の中での葛藤が始まっていく時期であり

そういった辛い経験を経て、何が本当に必要なことなのか見極めることができ
それが今後の人生の基盤になるとされています。

平たい表現をすれば、本当の意味で大人になる、自立するための
最終試練的なイメージですかね?

必ず、人生の節目になる出来事がやってきます。

ここで、話を冒頭に戻しますが、

上記でお話しした「サターンリターン」的な出来事が
いままさに世界規模で起きていませんか?

今まで当たり前だったこと、普通だったこと
それらが捻じ曲げられていく、削ぎ落とされていく
という現実に直面していませんか?

私ごときの想像では計り知れない
辛い経験をされている方もたくさんおられると思います。

それでも今回お伝えしたいのは

いまは、起きている現実に目を向け
なにが本当に必要なのかを見定める時期である

という考え方をぜひお持ちいただきたいということです。

本物を見極め、それに向かって努力した経験は
一生の財産になります。

私もかつて、人生をかけてやってきたバスケットがいきなり終了するという
当時の私にとってはかなりかなり衝撃的な経験をしました。

いままで全力をかけてしてきたものがなくなったとき初めて
自分は何のために生きてるのだろう?これから何をしたらいいのだろう?
という途方もない虚無感と苛立ちと葛藤する日々を送っていました。

最終的に出した答えが、勉強に燃え尽きる!!でした。
高校生のころの私は今よりも純粋で単純良かった!(笑)

あの時の努力があるからいまの私があると本当にそう思います。

当時はまあ―辛かったですけどね(。-`ω-)

ちなみにサターンリターンは略して「サタリタ」って呼ばれているので
気になる方はぜひ検索してみてください!

それでは、また(^^)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

休校期間中に「やるべきこと」

学習空間、八日市・草津教室の齋藤です。

私の担当している八日市・草津教室のある東近江市と草津市は5/31まで市立小中学校は休校が伸びてしまいましたね。

仕方がない一面もありますが、いつまで伸びるのかわからないことでイライラが溜まっている生徒も多いのでは無いでしょうか。

スポーツ選手の感染から始まり、有名芸能人の死など遠い話から一気に身近な恐怖に変わった感もあります。

大人でさえ先が見えないことにうろたえている状況なので、実際に大きく行動を制限されてしまった子どもたちにとって、その不安は更に大きなものであることは間違いないでしょう。

さて、私がブログを書くということは何かしら格闘技の話題が出てくることが定番(?)なのですが

先日、格闘技イベント「Road to ONE:2nd」が都内某所で無観客で行われました。

リング外には防護服を着たスタッフがいるという異様な空気の中で、行われたイベントで青木選手が試合後に

「おれはいつ死んだっていいんだよ。いつ格闘技やめたっていいんだよ。死にたくねぇ、負けたくねぇなら、ずっと家にいろ。でもな、生きるってそういうことじゃねえんだよ。日々嫌なことと戦って、くそみてぇな世の中と戦っていくんだ。生きるっていうのは目の前にあることと戦うことだ」

というマイクパフォーマンスをしたんですね。

外出自粛が当然のマナーのように繰り返されている現状で、こんなことを言うのが青木らしいなと格闘技ファンだったら思うでしょうが、一般の人が聞けばなかなかの爆弾発言だと思います。

ただ、青木選手は「格闘家」としての立場から「今、やらなければいけないこと」を伝えたかっただけではないでしょうか。

確かに、今外出することは命に関わることに繋がるかもしれません。

自分以外の誰かの命に関わることかもしれません。

でも、自粛は「何もしない」ことを助長するものではないと思います。

受験生であれば、刻一刻と受験までの日数は減っています。

今、自分の「やるべきこと」を見直すための時間は平等に与えられています。

この時間に何もしないか、チャンスと捉えて行動に移すか。

少なくとも私は行動に移そうとしている子の味方でありたいと考えています。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

強い意志を抱いて

個別指導塾の学習空間、彦根・草津教室の石田です!

某新型ウイルス感染の拡大のより
世の中の状況が目まぐるしく変化していますね。

ニュースから目が離せない毎日です。

今まで正しいと思っていたこと、常識・安全だと思っていたものが
そうではない現状を突きつけられています。

滋賀県では、4月13日から5月6日まで県内の公立学校を
臨時休校とする方針が発表されました。

残念ですが、この現状は変えることはできません。

こういう世情であるからこそ
周りに流されない、左右されない自分の意志が必要です。

自分はどうなりたいのか、どう行動するべきなのか、

この状況下でも「未来」があるという視点を忘れずに
意志を持って行動することができるかどうかが

今後の人生に大きく影響してくるのではないかと思います。

今どうするべきなのか、考え行動をするその試行錯誤ですら
未来に繋がっているという意識を持ち続けていきましょう。

私たち学習空間の講師も不測の事態に試行錯誤を繰り返している日々です。

その中でも、皆さんの学習できる環境を確保してあげたい、
こういう時だからこそ出来る限り学習のサポートをしてあげたい

という強い意志を常に持ち続け行動しています。

新たな試みであったり、対策であったり、
この試行錯誤が皆さんの未来へつながっていけばなと思うばかりです。

とりとめのない文章ですが
今回は私が好きな漫画の一節で締めたいと思います。

  足を止めるのは絶望ではなく諦め
     足を進めるのは希望ではなく意志である

それでは、また(^^)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

自分の力を信じて

個別指導塾の学習空間、彦根・草津教室の石田です!

いよいよ明日。
公立高校入試がやってきますね。

「本番に自分の力を出し切る」
これも立派な才能だと考えています。

どうしても、入試や定期試験など、テストと名のつくものは一発勝負です。
自身の持っている学力ではなく、試験当日の発揮した学力が評価対象になります。

そのため、学力を高めるだけではなく
その学力を発揮する能力も必要になってきます。

自分の力を出し切る秘訣ーーー

それは、「自分の力を信じる」ことです。

どれだけ自分の力を信じることができるかは
少なからず、積み上げてきた勉強の量に比例します。

今まで勉強と向き合ってきて
苦しんだこと、悩んだこと、くじけそうになったこと、 、 、

さまざまな葛藤があったと思います。

そんな葛藤を乗り越えてきたみなさんなら
その経験が自信へとつながり、大きな力となってくれるはずです。

自信。自らを信じる力。

自分の力を信じて。可能性を信じて。

みなさんの努力が実を結び
喜びの笑顔へと変わることを心より願っております。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

今年もこの時期がやってきました!!

個別指導塾の学習空間、彦根・草津教室の石田です!

今年もいよいよこの時期がやってきましたね!

★直★前★講★習★

学習空間の卒業生ならきっと、この名前を聞いてピンと来るはず、、、!

学習空間では毎年2月から3月の入試まで、毎週日曜日に
中3生を対象とした『直前講習』なるものを実施しております!

朝9時から夕方の5時までの約8時間
施設の講義室を貸し切り、入試の緊張感に近い状態で模試の過去問に挑戦します!

滋賀エリアにある全7教室のうち6教室の対象生徒が1つの会場に集まります。
また、他の教室の先生にも会えるいい機会ですよね。

彦根だけは教室開催になるので
彦根教室のみなさん一緒に頑張りましょうね(`・ω・´)
教室でするアットホームな雰囲気の直前講習も私は個人的に好きです。

体力的にも精神的にもしんどい中
毎年ほとんどの生徒が参加してくれています。

卒業生の感想は、
楽しかった、いい刺激になった、もう二度とやりたくない(笑)
などなど様々ですが

みんな口をそろえて
『参加してよかった』、『頑張って良かった』と言ってくれます。

自分で決めた目標に向かって精一杯頑張る、という経験は
必ずあなたの大きな財産になります。

くじけそうなとき、弱い自分に負けそうなとき、
きっとあなたを助けてくれます。

私自身、学生の頃、がむしゃらに頑張っていた自分を思い出すと
励まされたり、自信をもらったり、

自分はこんなもんじゃない、まだまだ頑張ろう!ってそう思えます。

受験までの最後の追い込み
私たちと一緒に頑張っていきましょう!

今年も直前講習の会場にて
たくさんの生徒さんに会えるのを楽しみにしてます!

それでは、また(^^)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

昨年末も参戦してきました!

個別指導塾の学習空間、八日市・草津教室の齋藤です!

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

皆さんはこの年末年始をどのように過ごされましたでしょうか?大みそかはガキ使や紅白を家族で視聴し、お正月はおじいちゃんおばあちゃんの家で過ごすといった人が大半だとおもいますが、ちゃんと勉強してたよ!って子もいることに期待したいですね。

さて、私はといいますと昨年の大みそかもRIZINを観戦しに行ってきました。会場に来ているほとんどの人が堀口欠場のショックを拭いきれていないであろう雰囲気の中で始まったオープニングでMy Time(堀口選手の入場曲)が流れた瞬間に、会場が一気に熱くなったのが印象的でした。

今回の大会はいわゆる一般ウケするような対戦カードが無かったため、テレビで見ていた人も少なかったかもしれませんが、Youtubeでも活躍が著しい朝倉兄弟の試合を見た人はどれくらいいたのでしょうか?

中でも弟の海選手はタイトルマッチだったこともあり、戦前から注目を集めていたカードでした。ここ最近の勝ち方と、圧倒的な知名度の差から海選手が勝って翌年の大みそかに堀口選手を迎え撃つというストーリーを描いていた格闘技ファンが多かったと思います。

しかし、プロの選手たちの中には海選手不利といった予想も少なくはありませんでした。実は私も海選手有利とは見ていなかったので、結果を目の当たりにして驚いたのと同時に自分の予想が当たって、改めて自分の格闘技に対する観察力や洞察力に自信がつきました。

年が明けて翌日、タイトルマッチに勝利したケイプ選手がオフィシャルショップで1日店長をするとのことで、握手と写真撮影をしてもらってLINEのアイコンにもしちゃってます。

バンタム級(61㎏)の選手なので、実物よりも写真の方が小さく見えます(笑)。ナンダヨーがしばらく口癖になるかもしれません。

なお、RIZINのオフィシャルTwitterに握手会の行列に並んでいる緊張感丸出しの私が写っているので興味のある方は探してみてください。

また今年も行きたいな。。。
1年ごとに席がリングに近くなっているので2~3年後にはリング上に立っているかも・・・?

※ちなみに一番大きな声援を送ったのは選手ではなくラウンドガールの川村那月ちゃんへでした。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

もういくつねると~♪

個別指導塾の学習空間、彦根・草津教室の石田です!

もういくつねるとお正月~♪
お正月にはタコ上げてコマを回して遊びましょう~♪

気が付けばもう年の瀬ですね!

年を重ねるごとに時間が過ぎていくのが
とてつもなく早くなっている気がします、、、!

「光陰矢の如し」と言いますがまさにその通りですね。

果たして、おばあちゃんになったら時間の体感スピードは
いったいどうなるのでしょう―――??

想像力を働かせても答えが出なさそうなので
おばあちゃんになってからのお楽しみに取っておくことにします!(笑)

実は、年をとると時間が経つのが早く感じるのは
心理学的に証明されているらしく
「ジャネーの法則」という名前がついているようです。

簡単に説明すること
「生涯のある時期における時間の心理的長さは
年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)」ということです。

これでもまだわかりにくいですよね。(笑)
分かりやすく言い換えると、

「時間の過ぎる速さは年齢に比例する」です。
年を取るごとに時間の体感スピードは速くなっていくということですね。

どんどん加速していく時間の流れのなかでも
「過ぎた」ではなく、「過ごした」といえる日々を送れると素敵ですね!

こう書きながらも、私は正月をのんびり満喫して
あっという間に時間が過ぎていくことでしょう、、、(笑)

余談ですが、木星が山羊座にいるこの約1年間は
計画を立て毎日コツコツ努力していくことが幸運を切り開くカギとなります!

努力して頑張り続けたことが実りを迎える星配置なので
新年の抱負はぜひ、コツコツ頑張る系がお勧めです!

努力は苦手だという方も、星の力を借りてチャレンジしてみませんか?

ちなみに私の2020年の抱負は
毎回お風呂上りに柔軟をしてやわらかい身体を取り戻そう!です!!

3日坊主にならないようにがんばります!(笑)

みなさま、くれぐれも体調にはお気を付けて
それでは、良いお年を(^^)

滋賀の塾なら個別指導の学習空間