2015年 8月 の投稿一覧

テストでは落ち込め、ワークでは落ち込むな!

個別指導塾の学習空間、野洲・八日市教室の成田です!

ひさしぶりの投稿となりました。
いよいよ夏休みも終わり、新学期ですね。
早く休みボケを解消して、中間テストに向けてエンジンをかけていってほしいところです。

さて、今年はお盆休みに祖母に会うために両親の実家に行ったのですが、
そのとき、いとこの子どもに勉強を教える機会がありました。
今年受験となる中学3年生の子×2です。
様子を見るとどうも勉強のやり方が今ひとつで、伸び悩んでいる様子。
何が悪いって、答え合わせで丸つけをしたあと、ものの1分後にはワークを閉じてしまう。
間違ったところがたくさんあったにも関わらず、です。
見せてもらうと案の定、答えを赤ペンで書き込んで終了。
答えを覚えることもせず、解説も読まず、
それどころか、どういう問題を間違えたのか問題文を読み返すこともせず。

ではこの行動がはたして「勉強」だったのかと言われると、難しいところです。
結局、ワークをする前と後で、学力的にどんな変化が起きているでしょう。
はっきり言えば、ほぼ何も変わってないはずです。
わからないことが、わかるようになった!と感じられるほどの、
間違い直しが出来ていないからです。

こういう学習の進め方をひたすら時間をかけて行い、さまざまな問題集に手をつけ、
それでも成績が伸びないと悩む人は多いと思います。
そういう人に共通しているのは、「できない」「わからない」に対して、
すぐに強烈な「イヤ」な感情を持ち、不快になり、やる気を失うことです。

こんなに間違った!俺は全然ダメだ!もうやっても無駄だ!だってこんなにわかってない!
丸つけするたびに、そんなこと思っていませんか?
そんなのストレスが大きすぎて、やってられないでしょう?(笑)

テストで「できない」「わからない」は、大いに落ち込んでください。
それは自分の準備不足、勉強不足の結果ですからね。
でもワークや問題集を進めるなかで、
「できない」「わからない」に落ち込む必要は一切ないです。
だって「できない」「わからない」を見つけ、それを克服するためにやっているわけですから。
テストでもないのに、スラスラ解ける必要はないわけですね。

ただ大事なのは、「できない」「わからない」は、必ずその場で解消していくこと。
答え合わせで丸つけをしたあと、1分後にワークを閉じてしまうなんて論外です。
それは「できない」「わからない」の放置をしているだけで、学力は一切変化していません。
問題文と解答をしっかり確認し、なぜそうなるのかの解説も読み、
それでも理解できなければ質問する、
手間なのは間違いないですが、これを確実にしていくことで、
1点また1点と、テストの点に変化が出ます。
問題の解答ではなく、答え合わせからがそのワークを用いた本当の勉強のスタートです。

これほんとに大事です。
でもなかなか生徒に伝えても、ピンと来ない子も多いんですよね。
実際、そのいとこの子に話をしても、あんまり伝わってない反応してました。
1秒でも早くワークを閉じたい気持ちはとてもよくわかるんですけどね(笑)。

これを理解して、実際に行動を変えられるかが、
大きな学力アップの第一歩なのではないかと思います。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

休み中の出来事

個別指導の学習空間、栗東西・野洲教室の丹羽です。

5日間の休みの最終日であった8月16日の日曜日、お墓参りに行ってきました。

出身が福井県なので、お墓も福井県にあります。
自動車で片道2時間ほどかけての、ちょっとした小旅行です。

子どもの頃は、お盆もお正月も、親戚が集まってくる機会でしかなくて、あまりお墓参りの意識はありませんでした。
お墓も近くにあったので、いつでも行けるという気持ちもあったのかもしれません。
また、子どもの頃には大人について行くだけの、形式だけのお参りでしたが、今では先祖供養の気持ちを持ってお参りしています。

お花やお菓子をお供えし、お線香とろうそくを立ててお墓の前に立つと、不思議と気分も落ち着き ます。
自分が物心がついてから亡くなった親戚は、母方の祖父のみなので、ほとんどが顔も知らない先祖や故人の方ばかりですが、ご冥福をお祈りすると、これからまた気持ちを新たに頑張ろう と厳粛な気分になりました。

地元を離れてからは、毎年お盆のお墓参りは欠かさないようにしています。
1年に1度の貴重な機会です。
これからも継続しようとも思います。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間